編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

木村圭宏様のRails4技術者認定ブロンズ試験の合格体験記を公開しました。

Ruby on Railsの学習の総チェックにRails技術者認定試験がお勧めです。

BOSS-CON JAPAN

2016-05-02 08:00

就職に強いRails技術者認定試験運営委員会(本拠地:東京都世田谷区、委員長:吉政忠志)は木村圭宏様のRails4技術者認定ブロンズ試験の合格体験記を公開しました。
「Rails技術者認定試験を受けたきっかけと勉強方法についてお教えください。」との問いに対する、「Rails技術者認定試験はRuby on Railsを学習するために通っていたDive into Codeというプログラミングスクールで話を聞き、学んだことがどこまで通用するのか試してみよう思い受験しました。

勉強方法についてはベースとなる部分はDive into Codeで学びました。そこで出される課題に取り組んでいくうちに基礎的な知識が固まっていたのだと思います。足りない知識については書籍「Ruby on Rails4アプリケーションプログラミング」を読むことで補完していきました。」との回答が印象に残りました。

◆合格者情報
・お名前:木村圭宏様
・エリア: 関東
・合格試験:Rails4技術者認定試験 ブロンズ試験

<合格体験記本文は以下をご覧ください>
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]