リアルテックがIoTメーカーをサポート 台北Maker Faire 2016に参加

リアルテック 2016年05月06日

From 共同通信PRワイヤー

リアルテックがIoTメーカーをサポート 台北Maker Faire 2016に参加

AsiaNet 64332

台湾・新竹-2016/5/6- リアルテックは、2016年5月7日~8日に台北市国立台湾科学教育センターで開催される「メーカーフェア2016」に参加致します。「メーカーフェア2016」は、ハイテクファンやメーカーの創造的なアイデアとDIYスマートデバイスがそれぞれに通信しながら動作し、近未来の製品に対する創造的なアイデアを、興味を示す同好の開発者の前で披露する場を提供します。

「リアルテックのIoT Amebaプラットフォームは、すべての種類のIoTアプリケーションを開発するための、使いやすいArduinoプログラマブルプラットフォームです。「メーカーフェア2016」で私達は、IoT機能性を強化しながらも実用可能なDIYのArduino技術プロジェクトが提案され、実証されることを願っております。リアルテックは、このイベントに参加すると共にスポンサーであることに非常に喜びを感じております。」とリアルテック広報担当副社長Yee-Wei Huangは述べております。

リアルテックは、今年の「メーカーフェア2016」展示会でよく知られたメーカーのパートナーを招待して彼らのアイデアや製品のプロトタイプを展示しております。独自の権利が保証されているそれぞれのデバイスは、非常に実用的で面白く、そして革新的です。それらは全てリアルテックのアメーバのプラットフォームをベースにし、生活やリクレーションに密接に関連しています。

リアルテックは、COMPUTEX 2015でベストチョイスゴールデン賞を受賞したWi-Fi IoTチップセットのアメーバシリーズ(RTL8195AM / RTL8711AM / RTL8711AF)を、スマートホーム、スマートテクノロジーファーム、スマートシティ等の様々なIoTの応用製品と共に、弊社ブースに展示する予定です。注目すべき応用例として台北市とスマートシティプロジェクトの一環として共同開発しましたPM2.5のエアーボックスを展示する予定です。

Photo - (リンク »)

リアルテックIoT Wi-Fiソリューション:アメーバシリーズ(RTL8195AM / RTL8711AM / RTL8711AF)
このアメーバソリューションはIoTアプリケーションやバッテリ駆動機器用に設計されており、高機能CPU(ARM Cortex-M3)、内蔵メモリを備え、802.11b/g/n Wi-Fiプロトコル、ハードウェアSSLエンジン、及びUART、I2C、SPI、PWMを含む様々なシリアルポートに対応可能な完全なネットワーキングを提供致します。アメーバはまたアナログセンサーやデバイスを直接制御するためにADC、DAC、高速SDIO及びUSBを内蔵しております。スマートプラグ/メーター、IPカメラ、環境センサ、照明や、スマートホーム、スマートファクトリー、IP監視、およびスマートシティのための関連製品のアプリケーションに理想的なIoTソリューションです。アメーバは、Appleのワイヤレスアクセサリー設定(WAC)のためのソフトウェアサポートを提供致します。

リアルテックは上記ソリューションをメーカーフェア2016の1階広場にて展示予定です。
National Taiwan Science Education Center, Taipei,  2016/5/7~8, 10:00am~17:00pm.


(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]