4711ポーチュガル、木村東吉氏と広告出演契約

株式会社柳屋本店 2016年05月16日

From 共同通信PRワイヤー

2016年5月16日

株式会社柳屋本店

モデル・アウトドアエッセイストの「木村東吉」氏と柳屋本店「4711ポーチュガル」、広告出演契約

株式会社柳屋本店(所在地:東京都中央区 代表取締役社長 外池 榮一郎)は、モデル・アウトドアエッセイストの「木村東吉」と、オーデコロンブランド「4711ポーチュガル」の広告出演契約を締結したことをお知らせいたします。
木村東吉氏のモデルとしての活躍にとどまらず、自分を貫く魅力的な生き方は、「4711ポーチュガル」の年を重ねながらも、魅力的な男を演出するブランドイメージに合致し、この度の広告契約となりました。
スイートオレンジとレモンのフレッシュに香るオーデコロンを身につけ、魅力的な男性であり続けていただく4711ポーチュガルのイメージを伝えるため、木村東吉氏をモデルとした広告を40~60代に向けて発信していく予定です。

オーデコロン4711の公式サイトはこちら。
(リンク »)

【木村東吉(きむらとうきち)】
1958年生まれ。20代はファッションモデルとして雑誌「ポパイ」の顔として活躍。30代になってアウトドア関連の著書を多数執筆し、95年に富士五湖のひとつである河口湖の湖畔に移住。現在、河口湖を拠点として執筆、 取材、キャンプ教室の指導、企業CM、雑誌のモデル等、幅広く活動している。

【4711ポーチュガル・商品情報】
「4711」は、世界で最も歴史のあるオーデコロンブランドです。 1792年にドイツのケルンにて「不思議な水」として誕生。この不思議な水が、オーデコロン(ケルンの水)の名で広まり、オーデコロンの語源になったと伝えられております。「4711ポーチュガル」シリーズは、オーデコロン、ヘアトニック、ヘアリキッドなど全9アイテムで構成され、日本人の嗜好に合わせて開発されました。共通するその香りは、やさしいスイートオレンジ、刺激的なスパイシー、深みのあるウッディ&アンバーへと変化し、日本におけるシトラスの定番ともいえる芳香です。 

【柳屋本店企業情報】
「4711」の日本総代理店。徳川家康の侍医を務めた創業者により、1615年(元和元年)日本橋にて、化粧紅・鬢付け油・香油・白粉などの製造販売をはじめる。現在では植物原料にこだわり、頭髪化粧品を中心に製造販売。ドラッグストア・量販店等で展開しています。

本内容に関するお問い合わせ先
■一般の方からのお問い合わせ先
(株)柳屋本店 お客様相談室 TEL:03-3808-2654



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]