投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」2016年度 不動産投資に関する意識調査(第8回)を実施

野村不動産アーバンネット株式会社 2016年06月08日

From PR TIMES

~マイナス金利導入で「不動産投資に対する意欲が上がった」28.4%~

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:前田 研一)は、2016年5月18日~5月24日、「不動産投資に関する意識調査(第8回)」を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。



【調査結果のポイント】
■買い時感は下がったものの、「間もなく買い時が来ると思う」の回答は増加
  
[画像1: (リンク ») ]

・投資用物件の買い時感については、「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせると54.0%で、前回調査(2015年5月)より2.3ポイント減少し、買い時感は下がったという結果となった。しかしながら、「間もなく買い時が来ると思う」の回答だけをみると、前回調査より5.1ポイント増加していることから、回答者の心理の変化がうかがえる。
・1年後の不動産価格の予測は、「横ばいで推移する」と「下がる」が前回調査に比べ増加、「上がる」は前回調査に比べ24.8ポイント減少し30.8%となった。
  

■不動産投資への満足度は高く、84.8%が「不動産投資を行って良かったと思う」と回答

[画像2: (リンク ») ]

・不動産投資を行っていることについて、84.8%が「良かったと思っている」と回答し、前回調査より4.4ポイント増加した。
・今後の中長期的な展望について、「買い増しを検討したい」が最も多く59.1%となり前回調査より4.6ポイント増加した。
  
  
■投資用物件の売却理由は「不動産価格が上昇したから」の回答が増加
  
[画像3: (リンク ») ]

・過去3年間に、投資用物件を売却した方の割合は、26.0%となり前回調査より1.7ポイント増加した。
・売却した理由について、1位は「所有物件を組み換えるため」61.6%で前回調査より9.7ポイント減少し、2位は「不動産価格が上昇したから」56.6%で前回調査より12.9ポイント増加した。

■マイナス金利導入で、不動産投資に対する「投資意欲が上がった」28.4% 
  
[画像4: (リンク ») ]

・マイナス金利が導入されたことによる影響について、不動産投資に対する「投資意欲が上がった」は28.4%、「特に変化なし」は65.9%、「下がった」は5.3%となった。
・金融機関からの借り入れ利用者に、マイナス金利導入の影響を聞いたところ、「金利の見直しを相談したい」22.0%、「借り換えを検討」19.5%と、合わせて41.5%がローンの見直しを検討している結果となった。

本アンケートは、不動産投資サイト「ノムコム・プロ」( (リンク ») )の会員を対象に、年1回(5月)投資用不動産の買い時感をはじめとする市況の見方や投資についての考え方をお聞きしているものです。

アンケート結果につきましては、不動産投資サイト「ノムコム・プロ」で、より詳しくご覧いただけます。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]