PHP技術者認定試験がITスキル標準(ITSS)のキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ Ver10r1に掲載されました。

一般社団法人PHP技術者認定機構 2016年06月14日

就職に強いPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人PHP技術者認定機構(本社:東京都世田谷区、代表理事 吉政忠志)はPHP技術者認定試験がITスキル標準(ITSS)のキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ Ver10r1に掲載されたことを発表しました。

PHP技術者認定試験がITスキル標準(ITSS)のキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ Ver10r1に掲載されました。

各試験のレベル対応は以下の通りです。

PHP技術者認定上級試験 レベル3
PHP技術者認定準上級試験 レベル2
PHP技術者認定試験 初級試験 レベル1

※ITスキル標準(ITSS)とは

経済産業省が定めている個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化しIT人材に求められるスキルやキャリア(職業)を示した指標である。ITサービスの分野11職種38専門分野ごとに,最高7段階のスキル・レベルを設定している。それぞれのレベルについて、要求される業務経験や実務能力、知識を定義している。
引用:wikipediaより  (リンク »)

※ITスキル標準(ITSS)のキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ Ver10r1
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

一般社団法人PHP技術者認定機構の関連情報

一般社団法人PHP技術者認定機構

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]