編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

新発想!奥まで広々使えてスッキリ清潔「奥までシンク」登場

トクラス株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2016-07-21 14:00

2016/7/21

トクラス株式会社

新発想!奥まで広々使えてスッキリ清潔「奥までシンク」登場
トクラスキッチン ベリーに搭載、10月24日(月)発売開始

トクラス株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:八幡 泰司)は、従来システムキッチンのシンク内部(奥側)に設置されていた洗剤カゴを、シンク上部に浮かせるという新発想で奥行を拡張したシンク「奥までシンク」を開発。トクラスキッチン ベリーに搭載し、10月24日(月)より発売いたします。シンクを奥までゆったりと使えて、かつ洗剤カゴやスポンジを清潔に保つことができます。

一般的に洗剤カゴはシンク内部に設置されていますが、大型の鍋やフライパンなどを洗う際、ぶつかり洗いづらいこと、また水しぶきや汚れが洗剤カゴやスポンジにかかり衛生面に課題があることから、ユーザーが潜在的な不満を抱えていることが当社の調査で分かりました。「奥までシンク」は、こうした不満を解消します。

当社は、国産初の人造大理石カウンターキッチンを発売してから40周年を迎えました。“キッチンの汚れる場所を無くす”という設計思想に基づき、独自の人造大理石素材開発・成形技術を進化させるなかで、2002年にカウンターとシンクの隙間を無くした「マーブルシンク」、2012年にはカウンター奥のバックガードを立ち上げコーキングを無くした「ハイバックカウンター」を発売。いずれもご好評いただいております。

「奥までシンク」は「ハイバックカウンター」に洗剤カゴを掛ける仕様を採用。洗剤カゴに水や汚れがかかりづらいので、カゴやスポンジを衛生的に保てます。シンク奥から洗剤カゴが無くなったことで、シンク奥に汚れがたまりづらくバックガード上部まで、すっきりと水洗いできるようになりました。また、シンク形状を見直すことで従来よりも奥行が約95ミリ広がり(有効面積は業界最大クラス*)、大型の調理器具もストレス無く洗うことができます。

*2016年7月トクラス株式会社調べ



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]