編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

箕面市長が政府の「教育再生実行会議」に参加します

箕面市役所

2016-10-12 00:00

政府は、教育改革を推進するため、平成25年1月から「教育再生実行会議」を設置し、これまで九次にわたる提言を取りまとめています。この度、倉田哲郎箕面市長が「教育再生実行会議」(本体会議および専門調査会(仮称))にメンバーとして参加することになりました。
政府は、教育改革を推進するため、平成25年1月から「教育再生実行会議」を設置し、これまで九次にわたる提言を取りまとめています。この度、倉田哲郎箕面市長が「教育再生実行会議」(本体会議および専門調査会(仮称))にメンバーとして参加することになりました。
箕面市では、市独自の教職員体制の拡充や、子どもの貧困対策など、時代の変化に応じた教育施策を展開しています。こうした教育の最前線を担う自治体の立場から、「教育再生実行会議」においても積極的に議論に参加していきます。

1.「教育再生実行会議」とは
政府は、21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育改革を推進するため、平成25年1月から「教育再生実行会議」を設置しています。「教育再生実行会議」では、これまで九次にわたる提言が行われ、教師の資質向上や学校の組織運営改革などが実行されてきました。
この度の「教育再生実行会議」では、新たに以下2つのテーマが設定されました。
(テーマ1)学校・家庭・地域の役割分担の明確化と家庭や地域の教育力の充実
(テーマ2)子供たちの自己肯定感が低い現状を改善するための環境づくり
倉田哲郎箕面市長は、「教育再生実行会議」と、本体会議の下に設置予定の「教育再生実行会議専門調査会(仮称)」の両方にメンバーとして参加します。

2.箕面市の教育
箕面市は、“子育てしやすさ日本一”をめざして、教育分野においても時代の変化に応じた教育施策を拡充・展開しています。
これまでも、市独自で教職員を増やし、教員へのサポート体制を充実させたほか、子どもの貧困対策、小・中学校の全学年・毎日の英語教育、小中学校全9学年での学力・体力・生活状況調査など各種取り組みを進めてきました。
こうした教育の最前線を担う自治体の立場から、「教育再生実行会議」においても積極的に議論に参加していきます。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]