大型デスク、チェアをまるごとカバー。床の傷やへこみ、騒音を防止する「デスクごとチェアマット」発売。

ビーズ株式会社 2016年12月15日

From 共同通信PRワイヤー

2016/12/15

ビーズ株式会社

大型デスク、チェアをまるごとカバー。
床の傷やへこみ、騒音を防止する「デスクごとチェアマット」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は12月15日、 同社オフィス・インテリアブランドBauhutte(R)(バウヒュッテ)より、L字のデスクや大型オフィスチェアの移動範囲までしっかりとカバーできる大きいサイズのチェアマット「デスクごとチェアマット」を発売します。

<製品特長>
 「デスクごとチェアマット」のサイズは幅1600×奥行1300×厚さ1.5mm。 従来の製品では対応しきれなかった一般的な幅120cmのデスクやL字タイプのデスク、ゲーミングチェアといった大型のオフィスチェアも、しっかりとカバーできる大きさです。 1.5mmの厚さがあるので、フローリングなど硬めの床はもちろん、畳やカーペットなど柔らかい床に至るまで対応可能。 床に伝わる圧力が分散されることでキャスターの転がりも良くなるのに加え、階下に伝わるキャスター音を軽減する効果も期待できます。
 裏面には滑り止め加工を施し、チェアを移動してもチェアマットがずれにくい仕様にしました。 PVC製なので、ハサミやカッターで簡単にカットして部屋に合わせた大きさや形に調整可能です。 ナチュラル志向のインテリアで統一されたい方にはフローリング調のブラウンを、ブラックを基調としたシンプルなインテリアに合わせたい方にはブラックを、それぞれお好みに合わせて選べます。

<開発経緯>
 自宅でオフィスチェアを使用する際、その重量やキャスター移動に伴う床のへこみや傷、汚れを防止する目的で購入されるチェアマット。 市場ではオフィスチェアの移動範囲のみカバーすることを想定した、90×120cmのサイズや90×180cmの1畳タイプが多く見受けられます(ビーズ調べ)。 しかし、実際に床へのダメージを与えるのはデスクも同様であるうえ、最近注目が高まっている大型のゲーミングチェアを使用した場合、従来のサイズでははみ出してしまう恐れがありました。 デスクとともに大型のオフィスチェアまで設置できるサイズにすれば、デスクまわりの床傷を完全に防止できる、そう考えて開発されたのが「デスクごとチェアマット」です。

【ブランド名】 Bauhutte(バウヒュッテ)
【製品名】デスクごとチェアマット BCM-160BK、BCM-160F 
【カラー】BCM-160BK:マットブラック、BCM-160F:ブラウン(フローリング調)
【サイズ(両型番共通)】(約)幅1600×奥行1300×厚さ1.5mm 
【重量(両型番共通)】(約)4.2kg 
【材質(両型番共通)】PVC 
【希望小売価格(両型番共通)】各7,000円(税別)
【製品ページ】 (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]