広島国際大学が進徳女子高等学校と医療・福祉分野で高大連携協定を締結 -- 食育に関する協働事業も

広島国際大学 2017年01月13日

From Digital PR Platform


広島国際大学(広島県東広島市)は12月12日、進徳女子高等学校(広島県広島市)と高大連携協定を締結した。同大が実施する医療・福祉分野のキャリア教育の機会を同高生徒に提供するほか、協働して食育に関する事業を展開する。


 同高において大学との連携締結は初めて。同大がこれまで同高に実施してきた、医療・福祉分野のキャリア教育の出張講義に加え、施設見学や模擬講義を通じ連携強化を図る。

 同高は、広島県内で数少ない、卒業と同時に国家資格の調理師免許を取得できる食育デザイン科を設置。今回の連携を通して、行政と県の特産品をPRする「ひろしま地産地消推進事業」、高校生を対象にした「健康レシピコンテスト」などの食育事業を実施する同大医療栄養学部と協働事業を実施する。

▼本件に関する問い合わせ先
 広島国際大学広報室(担当:坂井、上田)
 TEL: 0823-27-3102

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]