モリタ宮田工業、福祉施設向けにパッケージ型自動消火設備の新モデル発売

株式会社モリタホールディングス 2017年01月23日

From 共同通信PRワイヤー

2017年1月23日

株式会社モリタホールディングス (リンク »)

モリタ宮田工業、福祉施設向けにパッケージ型自動消火設備の新モデル発売

株式会社モリタホールディングスの100%子会社であるモリタ宮田工業株式会社(本社:東京、代表取締役社長:田中幸男)は、延べ床面積275m2未満の小規模福祉施設において、スプリンクラー設備の代替品として部屋毎に設置可能な、パッケージ型自動消火設備II型「スプリネックス ミニ」の準不燃未満の壁材(木質材料等)に対応したモデル「CPW13094」と、本体を屋外へ設置し複数の部屋をカバーできるパッケージ型自動消火設備I型「スプリネックス ミドル」を1月20日(金)より販売開始いたしました。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]