新日鉄住金 和歌山製鉄所中径製管工場で累計圧延1,000万トンを達成

新日鐵住金株式会社 2017年01月30日

From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社和歌山製鉄所(以下、和歌山製鉄所)中径製管工場が1997年2月の操業開始以来、20年を経て2017年1月6日に累計圧延量1,000万トンを達成しましたので、お知らせ致します。

和歌山製鉄所中径製管工場は、主に油井管、ラインパイプなどエネルギー分野に使用されるシームレスパイプ(継目無鋼管)を製造しています。この工場は“シンプル&コンパクト”をコンセプトに設計され、世界で初めてとなる製鋼工場(丸ビレット連続鋳造設備)や熱処理設備への直結配置を実現するなど、高効率な製造が可能です。

また、当社が開発した高交叉穿孔(こうこうさせんこう)技術の導入等により高合金を含めた高品質かつ様々な品種を製造することが可能で、和歌山製鐵所の強みの一つとなっています。

和歌山製鉄所は、今後も多様化するお客様のニーズにお応えして参ります。


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]