Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0.1に含まれるServerソフトウェアを アップデート

株式会社Doctor Web Pacific 2017年02月27日

Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Securiy SuiteのServerソフトウェアをバージョン10.0.1 (REL-1000-201702110)にアップデートしました。今回のアップデートでは、新しい機能が加えられたほか、発見されたエラーが修正されました。

###
本製品では、Dr.Web for Windows Serverのための新しいインストーラーが搭載されました。インストールパッケージには、標準的なWindowsインストーラーが利用されず、インストールを行うための他のサービスを使用する必要がありません。

保護するシステム上にインストールされているハードウェアとソフトウェアに関する情報の収集時に発生するエラーが修正されました。さらに、Windows Serverにてデータベースのクリーンアップを実行する際に、SQLite3データベースファイルの容量減少を引き起こす問題が解決されたほか、Dr.Web Security Control Centerを通して、メモリマッピングされるデータベースファイルのサイズを変更できるオプションが追加されました。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。