2017PDWC(パーラメンタリーディベート世界交流大会) 優勝は「渋谷教育学園渋谷高校」

一般財団法人WakuPro 2017年03月06日

From 共同通信PRワイヤー

2017年3月6日

一般財団法人WakuPro
(高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会実行委員会)

2017PDWC(パーラメンタリーディベート世界交流大会) 優勝は「渋谷教育学園渋谷高校」

 一般財団法人 WakuPro(代表理事・仲臺和子)は、2017年2月10日(金)から12日(日)の3日間、埼玉県熊谷市のホテル・ヘリテイジで「2017PDWC(パーラメンタリーディベート世界交流大会)」を開催し、東京都の渋谷教育学園渋谷高校が優勝いたしました。
 今大会では、選抜された日本の高校生達と、世界10カ国のトップ校から招聘された高校生、計51人が英国式パーラメンタリーディベートを通して「平和」を語り合い、将来にわたる友情を育みました。

 三日間に及ぶ論戦を勝ち上がり、決勝に進んだ日本チームと英国チームに与えられたテーマは「核兵器廃止を支持する」。両チームとも、平和への思いを胸に、白熱した議論を展開しました。
 見事、優勝に輝いたのは渋谷教育学園渋谷高校。現実的な主張だけでなく、より深い議論に持ち込んだことが評価されました。同校は昨年も優勝しており、世界に通用するディベータ―を育成する同校のスピーチ力は、聴衆を圧倒いたしました。
 また、これに先立ち行われたのは、広島被爆経験者であり通訳者である、小倉桂子氏のスピーチ。自身の体験を踏まえ、平和への思いを込めた一言一言に、参加者一同聞き入っていました。
 平和について語り合った世界の高校生達。この大会を通じて育まれた友情と絆は、彼らの貴重な財産となりました。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]