Doctor Web、悪意のあるメールの配信について警告

株式会社Doctor Web Pacific 2017年04月24日

Doctor Webセキュリティリサーチャーは、犯罪者がユーザーをスパイして機密情報を盗むことを可能にする、悪意のあるモジュールを大量に含んだスパムメールが配信されていることを確認しました。

###
悪意のある添付ファイルを含んだメールの大量配信は最も広く使用されているトロイの木馬の拡散方法の一つです。サイバー犯罪者は、コンピューターを感染させる添付ファイルを受信者に開かせるよう、メッセージの内容に工夫をこらしています。

ここ数日にわたり、「Made the payment(支払いが完了しました)」という件名の付いたメールがLLC Globalniye Sistemy (Global Systems)の代理という形で配信されています。メールには「4月6日に支払いをしましたが、まだそちらからお返事をいただいておりません」という内容の以下のテキストが含まれています(構文やスペリングは原文のまま):

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。