Instrument Recovery Systems Inc.が広範な米国特許保護を取得したと発表

Instrument Recovery Systems Inc. 2017年04月26日

From 共同通信PRワイヤー

Instrument Recovery Systems Inc.が広範な米国特許保護を取得したと発表

AsiaNet 68315 (0604)

【ミネアポリス(米ミネソタ州)2017年4月26日 PR Newswire=共同通信JBN】Instrument Recovery Systems Inc.は、紛失・盗難に遭った、あるいは不適切に再配置された移動可能なアイテムを回収するためのシステムに対する広範囲な米国特許保護を取得したと発表した。

保護は、広範囲に定義された通信チャネルの使用に加えて、GPSと慣性検知/ナビゲーション(INS)の組み合わせをカバーする。さらに、改ざん発生の場合にホスト機器の操作性を無効化することができる。

無制限の通信オプションと組み合わされたこの強力な地理的位置情報機能は、急成長するインターネット・オブ・シングス(IoT)およびインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)環境下での広範な適用可能性を持つ。

▽Instrument Recovery Systems Inc.について
Instrument Recovery Systems Inc.は発明家によって設立され、その目的は特定のアプリケーションに関して本テクノロジーを十分に発展させるリソースを有する組織に、本テクノロジーを提供することである。


より詳細な情報は (リンク ») を参照。

このコンテンツは、Newswire.com のプレスリリース配信サービスから発行された。より詳細な情報は (リンク ») を参照。

ソース:Instrument Recovery Systems Inc.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]