今まで何回転職してきましたが? その結果将来起こる可能性があること

株式会社トランスネット 2017年06月19日

Ruby開発に強いトランスネットで吉政忠志が連載しているコラムの最新号が掲載されました。 「今まで何回転職してきましたが? その結果将来起こる可能性があること」

###
LLといわれているLightLanguage系のプログラマーの皆さんは比較的転職回数が多いような気がしています。もちろん、正確な調査データに基づいて発言をしているのではないので、偏見かもしれません。でも、周りを見渡すと、割と多いような気がします。

ここで気になるのは転職回数が多い少ないというのは何を基準に言うかということです。

そこでインターネットで「転職回数 多い 基準」を検索 してみました。

検索した結果を見てみると、3回4回で「多い」という判断になるようです。もちろんこれは年齢にもよりますよね。60歳で3回であれば少ないと思います。25歳で3回していれば、もうかなり多いですよね。
ちなみに大学を卒業して3年ごとに転職をしていくと40歳で6回転職をすることになります。40歳で6回転職をするともう、たいへん多い部類に入りますね。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]