編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

中国のLKKER、「デザインの共有」で新たなエコシステムを創出

LKKER

From: 共同通信PRワイヤー

2017-07-03 10:07

中国のLKKER、「デザインの共有」で新たなエコシステムを創出

AsiaNet 69121 (0967)

【北京2017年7月1日PR Newswire=共同通信JBN】LKKER Conference 2017 & Global Innovation Design Conferenceが中国・寧波で開催された。この会議は中国初のインターネットを利用した「Sharing Designs(デザインの共有)」のプラットフォームであるLKKERが開始し主催した。テンセント、マイクロソフト、エアービーアンドビー(Airbnb)など大手IT企業のテクノロジー専門家、最高経営責任者(CEO)およびトップクラスのデザイナーである黒川雅之氏が寧波に集結し、シェアリング・エコノミーの新時代における「デザインの共有」の新たなビジネスモデルについて議論を交わした。この会議は企業、デザイナー、エンドユーザーをつないだ。世界中の革新的リソースを結集、革新的なデザインと伝統的な製造の壁を打破し、想像力が主導する価値を最大化した。

シェアリング・エコノミーの台頭を受けて、LKKERはデザイン業界での「デザインの共有」という概念を開始した。根本的には、デザインの共有はデザインが主導しニーズと人々とモノを無限にコネクトする。想像力を共有することにより、この概念は基礎的な「顧客―企業―デザイナー(Customer to Business to Designer、CBD)」の枠組みからあらゆる分野へと広がる。最終的には、カスタマイズされたニーズがもたらす新たなデザインのエコシステムが誕生する。

技術と経営がスマートロボットの標準装備のスキルになった時がImagination Era(想像の時代)の始まりである。しかし、人工知能がどんなに優れていようと人間のセンスを凌駕することはなく、人間の想像力や先を見越した創造性を超えることはない。人々が革新的な活動に没頭し、ありとあらゆるユーザーがそれぞれの創造性と価値のアウトプットを行うことでいわゆる「Economy of Imagination(想像の経済)」が生まれる。革新的デザインによって想像の経済はわれわれの生活に新たな価値と可能性を提供する。消費のアップグレードは個人の想像力のアップグレードであり、IoE(インターネット・オブ・エブリシング)は製品に想像力を与え、あらゆる製品が互いに無制限にコネクトし、そのすべてがチャンネルの革命に、最終的には想像力のチャンネルにつながる。LKKERによると、未来の産業インターネットの時代は想像力が広く浸透する時代になる。

LKKERの使命は、すべての人が「デザインの共有」の価値を享受できるよう努めることである。製品創造力のプラットフォームとして、新たなモデルは卓越したデザイナーと多数のユーザーを集め、製造者のスペースとして開放し、企業とメーカーが製品デザインと、製品がより秀逸に、より効率的かつ開放的にデザインされ生産される新たなエコシステムの恩恵を受ける場となる。

ソース:LKKER


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]