「転職時の賃金変動状況」の公表について

株式会社リクルートキャリア 2017年07月12日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)が提供する転職支援サービス『リクルートエージェント』において「転職時の賃金変動状況」を公表いたします。

▼詳細はこちらからご確認ください
(リンク »)

■転職時の賃金変動状況とは
「転職時の賃金変動状況」では、転職支援サービス『リクルートエージェント』経由の転職決定者のうち「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合」を職種ごとに集計し、四半期ごとに公表します。
リクルートキャリアでは、転職市場の需給動向を示す指標として毎月「転職求人倍率」を公表しておりますが、このところ求人倍率は上昇が続いており、需給の逼迫感は年々高まっている状況です。
こうした需給状況が賃金に与える影響を明らかにしたいという課題感のもと、今回は賃金水準そのものではなく“転職決定者の賃金は転職前後でどのように変化しているのか”という点に着目し、「前職と比べ賃金が明確に(1割以上)増加した転職決定者の割合」の経年変化を観察しました。

■数値の詳細について
<転職前賃金と転職後賃金の定義>
●転職前賃金:
・各種手当を含む総支給額(転職決定者の申告情報)

●転職後賃金:
・理論年収=月額固定給×12+賞与算定基準額×前年度実績賞与支給月数
※通勤交通費、時間外・休日・深夜労働などの変動する割増賃金は月額固定給に含まない。割増賃金を固定で一律に支給する場合、一律に支給する金額は月額固定給に含む。
・1年未満の有期雇用契約の場合は契約期間を1年間とみなして換算した額。
・年俸制の場合は年俸額。

<算出式>
転職支援サービス『リクルートエージェント』経由の全転職決定者のうち「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合」を算出。

■定期公表について
以下の形式で四半期ごとにご報告します。
2017年度4-6月期:
(リンク »)

リクルートキャリアは今後も保有している豊富なデータを有効活用し、転職市場の動向を発信していきます。

▼「転職時の賃金変動状況」の公表について
詳細はこちらから
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リクルートキャリアの関連情報

株式会社リクルートキャリア

株式会社リクルートキャリアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]