コラム : ランサムウェアはシステムアップデートで防げる脆弱性?

株式会社Doctor Web Pacific 2017年09月13日

今日、脆弱性が永続的に起きる理由について簡単にご紹介します。 例として6月に流行したランサムウェアを取り上げたいと思います。

###

Trojan.Encoder.11432 (WannaCry)によって引き起こされた激変の後、外界と閉ざされた世界に住んでいる人だけがSMB v1の脆弱性について聞いたことがないように感じているかもしれません。そして、今ではパッチが適用されているか、プロトコルが無効な状態にされている必要があります。しかし、 Trojan.EternalRocks.1 と Trojan.Encoder.11536 (UIWIX) は、WannaCryの発生直後に、脆弱性の対策がされているはずであるにもかかわらず、コンピュータを壊滅させました。この状況はなぜ起こったのでしょうか?

ソフトウェアの更新を行わなかったために、旧式のまま使用できなくなったサービスがあると仮定しましょう。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]