コラム : ZIP爆弾とは? その手口と仕組みを解説

株式会社Doctor Web Pacific 2017年09月22日

Dr.Web Security Spaceのドキュメントでは、Dr.Web for Microsoft Outlookが検出できる脅威の一覧に「ファイルとアーカイブの爆弾ウイルス」が含まれています。この不思議な爆弾について、今回掘り下げませんが、この脅威からの保護が非常に重要な時がありました。

###

アンチウイルスはとりわけ汎用的な圧縮解凍プログラムです。ウイルスやトロイの木馬を検出するために、ファイルを解析し、アーカイブされた内容を抽出します。

そして問題が現れるかもしれないところはここにあります。たとえば、圧縮ファイルには、ディスク上で使用可能な容量よりも多くの領域が必要な場合があります。ゼロだけを含むファイルを取り出し、圧縮した結果、アーカイブヘッダーと繰り返しゼロからなる小さなファイルになります。では、どのようにしてディスク上の任意の容量を超えるファイルを作成できるのでしょうか? 一般的なアーカイブ形式を使用してアーカイブを自動的に作成するため、これを行う必要はありません。


PC用のマルウェアには、zip-bombsと呼ばれるプログラムがあります。これらは、ファイルを展開するとサイズが多様化するファイルを含むzipアーカイブです。たとえば、最も悪名高いZIP爆弾「42.zip」のサイズは42 KBですが、5つのネストレベルのファイルがあり、レベルごとに16ファイルあります。 最後のレベルの各ファイルのサイズは4.3 GBで、アンパックされたアーカイブ全体は4.5ペタバイトを占めます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]