「監視カメラ購入の際に忘れていけない選定基準」

月刊総務で連載するコラム「総務部門で押さえておきたいネットワーク動向」

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ 2017年08月18日

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は佐々木晶子氏によるコラム「監視カメラ購入の際に忘れていけない選定基準」を公開しました。

興味がある方はお読みください。

###
監視カメラ市場は年率で15%ほど伸びています。その目的は防犯、防災、計測・記録です。採用する際の選択基準としては、以下があるといわれています。

(A)割と台数がまとまることが多いので、コストが安いこと
(B)画質が高いこと
(C)効率よく画像のバックアップができること
(D)売れているメーカー製品であること
などが重要です。

 (D)についてはカメラ自体が機械なので壊れることがあります。そのときにカメラを交換するのですが、売れていないメーカーの製品だと、撤退されていて新しいカメラを入手することができなくなり、すべてを交換するようなことにもなりかねないので注意が必要です。特に海外製品は撤退や買収なども普通にあるため、その点に注意しましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチの関連情報

SCSK株式会社 ヤマハ / ルーター&スイッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]