北里大学臨床教育研究棟が完成し、竣工式典で施設を紹介

北里大学 2017年08月24日

From Digital PR Platform


相模原キャンパスで建設中の北里大学臨床教育研究棟が完成し、29日に竣工式典を開催。関係者に内部を紹介する。これにより、従来から展開しているチーム医療教育で、学部横断的課題解決型プログラムを展開することが可能となり、より高度な医療人の輩出が可能となる。


 北里大学は、相模原キャンパスで平成28年1月から建設工事を行っていた、臨床教育研究棟がこの度完成したことを受け、8月29日(火)午前に竣工式典を行う。内覧会や祝賀会には、文部科学省や厚生労働省、関係自治体、地域医師会などからの来賓を招待して開催する。

 この建物は「IPE(Interprofessional Education:多職種連携教育)棟」とも呼称し、チーム医療教育の拠点となる。北里大学には医療系4学部(薬学部・医学部・看護学部・医療衛生学部)と2専門学校(北里大学保健衛生専門学院・北里大学看護専門学校)とで14の国家資格を目指す学生が在籍していることから、平成18年度からチーム医療教育プログラムを開始した。さらに教育効果を高めるため平成21年に本施設整備が計画され、この度の竣工を迎えることとなった。

 このIPE棟には、講義室、実習室、図書館、食堂のほか、スキルスラボや多職種交流ラウンジなどを備える。また、建設的な特長として、隣接する大学病院本館と2本の連絡通路で直結していることが上げられる。これにより、学部を超えた学生同士や医療従事者とのコミュニケーションを取り合うことができ、「対話と交流」を育むチーム医療教育の拠点となる。このような施設の特長は、10年以上に亘るチーム医療演習で培った実績から還元されたものであり、新たなチーム医療教育を提言するものである。

 これからは、このIPE棟を活用した臨床教育に発展させることにより、次世代で活躍する医療人を育て、法人の理念「いのちを尊び、生命の真理を探究し、実学の精神をもって社会に貢献する」を実践したいと小林弘祐理事長は意気込みを語る。臨床現場と一体となった北里大学のチーム医療教育に、今後も目が離せない。

(施設概要)
1.建築面積 3975.72平米
2.延べ床面積 1万3595.72平米
3.構造・規模 基礎免震構造、地上5階塔屋1階建て

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人北里研究所 法人本部総務部広報課
 〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
 TEL: 042-778-7883(ダイヤルイン)
 FAX: 042-778-8187
 E-mail: kohoh@kitasato-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]