BTOパソコンのサイコム、Ryzen Threadripper搭載の水冷PC「Aqua-Master X399A」を8月24日(木)より販売開始

株式会社サイコム 2017年08月24日

BTOパソコンのSycom
最大16コアによる圧倒的なマルチタスクパフォーマンス!
AMDフラッグシップCPU「Ryzen Threadripper」搭載水冷PC
「Aqua-Master X399A」
8月24日(木)より販売開始
~初回30台限定の15,000円引きキャンペーンも実施~

BTOパソコンメーカーの株式会社サイコム(本社:埼玉県八潮市/代表取締役社長:河野 孝史)は、水冷によるCPU冷却システムを採用した「Aqua-Master」シリーズに、AMD社のハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」を搭載した新モデル「Aqua-Master X399A」を、8月24日(木)より当社直販サイトにて販売開始します。

AMD社のフラッグシップとなるハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」は、コンシューマー向けのデスクトップPCでは至上最速ともいわれる処理能力を誇るマルチスレッド・プロセッサーです。最上位版の「Ryzen Threadripper 1950X」では、最大16コア、32スレッドという驚異的な同時マルチ処理能力を持ち、レンダリング、ストリーミング、コンパイル、エンコーディングにおいてその実力を遺憾なく発揮します。

「Aqua-Master X399A」では、この「Ryzen Threadripper」との組み合わせに、高い性能とコストパフォーマンスを両立したマザーボード「ASRock X399 Taichi」と、ハイエンドCPUクーラーでは他の追随を許さない圧倒的な冷却性能を誇る240mmサイズのラジエータを採用したCorsair製高性能水冷ユニット「H100i V2」を標準装備しています。

価格は、AMD Ryzen Threadripper 1920X(3.5GHz/12Core/TDP180W)搭載モデルが269,510円(税込)より、AMD Ryzen Threadripper 1950X(3.4GHz/16Core/TDP180W)搭載モデルが306,250円(税込)より。なお、当社では、本モデルが15,000円引きで購入できる「初回30台限定キャンペーン」を発売と同時に台数限定で実施します。キャンペーンは規定台数に達し次第終了となります。
製品は、従来の販売製品同様に受注(受付)後7営業日以内での納品を見込んでいます。

Aqua-Master X399A
(リンク »)

<主な仕様(標準スペック)>
水冷ユニット:Corsair H100i V2 (CW-9060025-WW)
マザーボード:ASRock X399 Taichi(AMD X399chipset)
メモリー:16GB(4GB×4枚)DDR4 PC4-19200
     (メジャーチップ・6層基板/QuadChannel)
HDD/SSD:TOSHIBA DT01ACA050(500GB 7200rpm 32MB)
光学ドライブ:ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト
VGA:GeForce GT710 1GB(DVI/D-Sub/HDMI/ファンレス仕様)
LAN:Gigabit LAN(1000BASE T)オンボード
PCケース:Fractal Design ARC Midi R2
電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2(750W/80PLUS Gold)
OS:オプション(Windows10各種選択可能)

<価格/税込>
AMD Ryzen Threadripper 1920X(3.5GHz/12Core/TDP180W)搭載モデル 269,510円
AMD Ryzen Threadripper 1950X(3.4GHz/16Core/TDP180W)搭載モデル 306,250円

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サイコムの関連情報

株式会社サイコム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]