上海浦東国際空港の新サテライトターミナル向けにエレベーター135台を一括受注

東芝エレベータ株式会社 2017年08月24日

From PR TIMES

東芝エレベータ株式会社(社長:松原和則、本社:神奈川県川崎市)は、上海浦東国際空港で拡張工事が進められている新サテライトターミナル向けにマシンルームレスエレベーター135台を一括で受注しました。完成(2019年予定)すると世界最大のターミナルになる当施設は、総建設面積が約62万m2 で、年間約3,800万人が利用可能となります。



[画像: (リンク ») ]

東芝エレベータ株式会社(社長:松原和則、本社:神奈川県川崎市)は、上海浦東国際空港で拡張工事が進められている新サテライトターミナル向けにマシンルームレスエレベーター135台を一括で受注しました。完成(2019年予定)すると世界最大のターミナルになる当施設は、総建設面積が約62万m2 で、年間約3,800万人が利用可能となります。

今回の大型受注については、当社の中国現地法人、東芝電梯(中国)有限公司が受注した案件です。今後も世界最大の昇降機市場である中国において、シンボリックな物件の受注活動を継続し、中国市場での更なる事業拡大を目指します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]