建設業界、自治体向けICTソリューション「図面管理サービス」提供開始

扶桑電通株式会社 2017年08月28日

From 共同通信PRワイヤー

2017年8月28日

扶桑電通株式会社

建設業界、自治体向けICTソリューション「図面管理サービス」提供開始
~紙図面などの情報を3次元化、効率的な管理を実現~

 扶桑電通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:児玉栄次、以下扶桑電通)は、国土交通省が推進しております建設現場にICTを活用する取り組みである「i-Construction」に対応したソリューション「SasaL 図面管理サービス」を2017年10月1日より提供を開始します。


 「SasaL 図面管理サービス」は、大判紙図面などの情報の3次元データ化を行い、データベース化することで自在な検索や柔軟な管理を可能にし、施設、ビル、橋梁、道路等の保全・補修作業の効率化、災害時における図面のバックアップ対策にも貢献できるソリューションです。

※SasaL(ササエル):Support Service Liabilityの略で、「サポートとサービスに責任をもってお客様を支えます」という理念を表す扶桑電通のサービスブランドです。(商標登録済)


■ 背景
 国土交通省は、建設企業の健全な経営、労働者の処遇改善を目指すことを柱とした建設現場のICTを活用した生産性革命を「i-Construction」として国直轄事業、自治体事業、民間事業への展開を推進しております。
 また地方自治体では、総務省の「公共施設等総合管理計画」および国土交通省の「インフラ長寿命化基本計画」のもと、道路、橋梁、庁舎などの管理、保全計画の策定が急務となっております。このような中、建設現場では、大量に過去の青焼き図面や情報が紙の形で担当部署に分散され、管理が十分できず施設の保全計画・業務実施が非効率になっているという課題が散見されています。
 扶桑電通はこの課題に、建設現場の維持管理の分野に特化してサービスを提供いたします。


■ サービスの概要
 大量の紙図面をデータ化、データベース化する「図面スキャニングサービス」「図面管理システム」「3次元データ化サービス」から構成する「SasaL 図面管理サービス」を提供し、担当部署の課題解決を「i-Construction」の核となる3次元モデルを見据えて支援いたします。

【画像: (リンク ») 】

1. 図面スキャニングサービス
 青焼き、白焼きを含めた最大A0ノビまでの図面をデータ化するスキャニングサービスです。このサービスは古く劣化した図面等でも、デジタル補正技術により、よりきれいで見やすい高精細なスキャニングを可能にします。
 ・価格:A2サイズ 白黒スキャン 1枚 300円~ (製本図面は別途基本料金1冊500円が必要)

2. 図面管理システム
 スキャニングサービスでデータ化した図面を高速かつ多彩に検索できるシステムです。これらのデータは、拡大縮小はもちろん、スクロールなど自在に操作することが可能です。また、各種関連資料を追加することにより、継続・横断的な維持管理を可能にします。クラウドでのバックアップを行う付加サービスも提供いたします。
 ・価格:基本システム(クライアントライセンス5ライセンス付き) 200万円~

3. 3次元データ化サービス
 CADデータ化により、スムーズな改修計画の策定やリアリティのあるシミュレーションが可能です。3次元モデルを活用することで、設計・施工ミスの防止、住民や関係者間協議での合意形成、維持管理の効率性向上などの利活用が期待されます。
 ・価格:CAD化する対象内容により個別見積もり


本ソリューションについて、詳しくは下記URLをご参照ください。
  (リンク »)




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]