UNIX向けDr.Web製品を11.0.3にアップデート

株式会社Doctor Web Pacific 2017年10月25日

Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus for Unix mail servers 11.0.3 をリリースしました。また、Dr.Web Anti-virus for Linux 11.0.3、Dr.Web Anti-virus for UNIX file servers 11.0.3、およびDr.Web Anti-virus for UNIX Gateways 11.0.3がアップデートされました。今回のアップデートにより、新しい機能が搭載されました。

###

Dr.Web Anti-virus for Unix mail serversでは、以下の変更が加えられました。
同製品のアーキテクチャーが一新されました。今回のアップデートでは、メールサーバーの標準サービス(Milter、 Spamd、 Rspamd)を使用することにより、使用中のメールサーバーのインフラとの連携が可能となり、サーバーとの統合が不要となりました。
標準的なメールプロトコル(SMTP、POP3およびIMAP)を用いる転送経路上で、メールサーバーとクライアントに対し透過的になるように、本製品を構成するオプションが追加されました(GNU/Linuxのみ対応)。
望ましくない受信メールの内容は隔離への移動ではなく、パスワードで保護されたアーカイブに保存されます。
独自の管理用ウェブインタフェースが搭載されたことにより、Webminの利用が不要になりました。
OpenLDAPおよびActive Directoryサービスからの情報を、メールフィルタリングルールに用いることが可能になりました。
製品に関する統計情報および重要なイベント(例えば、メールのブロック)に関する通知をSNMP経由で送信する機能が追加されました。
Milter/Spamd/Rspamdを利用できないメールサーバーにおいて、Clamdを用いてメールを検査することが可能になりました。
DNSxLを利用したメール送受信者のアドレス検査の実行が可能になりました。

Dr.Web Anti-virus for Linuxでは、以下の変更が加えられました。
IMAP(S)/POP3(S)プロトコルを使用する受信メールのスキャン機能が追加されました

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]