帝京大学大学院教職研究科が独立行政法人教職員支援機構と連携協力に関する協定を締結

帝京大学 2017年08月29日

From Digital PR Platform


帝京大学大学院教職研究科と独立行政法人教職員支援機構との間で、教員の資質向上のための研修プログラム開発と支援に関し連携協力を行うための協定を平成29年8月21日に締結した。


 大学院教職研究科(教職大学院)と独立行政法人教職員支援機構との間で、教員の研修に関連する諸問題に的確に対応し資質向上していくための研修プログラム開発と支援に関し、連携協力を行うための協定を締結した。

 同教職研究科は平成27年度から(独行)教職員支援機構の『教員の資質向上のための研修プログラム開発事業(旧教員研修モデルカリキュラム開発)』に採択され、相模原市教育委員会と連携・協働して研修プログラムの開発を行ってきた。
 今年度は、同教職研究科において現職教員を対象とする講義、演習、研修等の一環として(独行)教職員支援機構が実施するプログラムを活用する予定。

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人帝京大学 本部広報課
 TEL: 03-3964-4162
 FAX: 03-3964-9189

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]