磨かれたスタビリティー:ZW3D 2017 SPをリリースしました

ZWSOFT 2017年08月29日

From JCN Newswire


Guangzhou, China, Aug 29, 2017 - ( JCN Newswire ) - 製造業における世界的なCAD/CAMソリューションサプライヤーであるZW3Dは本日、ZW3D 2017 SPをリリースしました。生産の全プロセスをより効率化をするために、ZW3D 2017 SPは安定性に磨きをかけ、トランスレーターをアップグレードした上に、多彩な新機能も搭載しました。

強化されたトランスレーター

ZW3Dは製品開発におけるデータ交換の重要性を認識しているため、データの相互運用テクノロジーに長期的な取り組みを誇りに思っています。

新たにアップグレードされたトランスレーターにより、ZW3D 2017 SPはCatia V5/6R2016、NX11、Creo 3.0、SolidWorks 2017、SolidEdge ST9、Inventor 2017など最新のCADフォーマットをサポートしました。これにより、エンジニアは最新の3Dデータにアクセスすることができます。

1つの3Dモデルを一度にさまざまなファイル形式にエクスポートできます。また、複数のオブジェクトを指定された形式にエクスポートすることができ、作業の時間を大幅に節約できます。

画像1: (リンク »)

磨かれたモデリング機能

ZW3D 2017 SPはモデリング機能がより使いやすくなりました。例えば、新しいオブションの「単独表示」を使って、オブジェクトを簡単に表示できるようになりました。この機能により、オブジェクトやコンポーネントを検索、表示、非表示にする時間を短縮することができました。

変数はロックまたは非表示することができます。ドラックやドロップして、変数を並び替えることが便利になります。

画像2: (リンク »)

充実したモールド機能

インチDMEモールドベースと標準部品ライブラリーの提供は、ZW3D 2017 SPの2つの新しい進歩です。特にアメリカの金型設計者にとって、より高い柔軟性を提供しています。

例えば、ライブラリーの一般機能の改善により、ユーザはフォーム上の距離を測定し、最後のパラメーターを保持して次回の操作で再利用ができるようになりました。

画像3: (リンク »)

5軸ミーリングの改善

ZW3D 2017 SPのCAMモジュールは、5軸の「点制御」と3軸から5軸までのアンダーカットを含む、Zレベルとオフセット3Dの、2つの5軸制御タイプを追加しました。これにより、バックオフ形状をより効率的に加工できる、5軸ミーリング機能に拡張されました。

画像4: (リンク »)

ZW3D CAD/CAMに関しての詳細は、ZWSOFTのFacebookをご覧ください。 (リンク »)

ZW3D CAD/CAMに関して

ZW3Dは、3Dモデリング、金型設計とマシンニングも含め、製品開発コンセプトから製品完成までの全プロセスに効果の高い結果を出せる3次元CAD/CAM統合ソリューションです。

ZW3D 2017 SP: (リンク »)

お問い合わせ
ZWSOFT
温(オン) 文瑜(ブンユ)
Eメール: zw3djapan@zwcad.com
電話: 0086-20-38289780-567(日本語可)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]