絵の海にダイブするVRプロジェクト『e-DIVE』が発足~人気イラストレーター・中村佑介氏とのコラボコンテンツのティザーサイトをオープン!~

株式会社ビーグリー 2017年08月31日

From DreamNews

株式会社ビーグリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田仁平)と、株式会社WHITE(本社:東京都港区、代表取締役:神谷憲司)は、VR領域におけるサブカルアートの開拓を推進するプロジェクト『e-DIVE』を発足し、2017年8月31日(木)より人気イラストレーター・中村佑介氏とコラボレーションした第一弾コンテンツ「Birth YUSUKE NAKAMURA VR」のティザーサイトをオープンしました。



1.『e-DIVE』 概要
テーマは“絵(e)の海に飛び込もう(DIVE)!”
これまで絵の鑑賞といえば、展覧会や画集などで一度に多くの作品と触れることがあっても、作品毎にその魅力を味わうものでした。
『e-DIVE』では、イラストレーターと共に、個別に存在していた複数の絵をVR空間で組み合わせ、多くの作品で彩られた絵の海ともいえる全く新しいアート作品の創出と、その中へ飛び込み、漂うといったこれまでにないアート体験の実現を提供してまいります。









2.第一弾コンテンツ「Birth YUSUKE NAKAMURA VR」

第一弾コンテンツでは人気イラストレーター・中村佑介氏とコラボレーションし、360°全方向が同氏のイラストに囲まれたVRならではのアート作品・体験を創出いたします。
本日よりプロモーションムービーの視聴などがいただけるティザーサイト( (リンク ») )をオープンし、抽選で各回10名様に同氏の直筆イラスト・サイン入りミニ色紙をプレゼントするTwitterキャンペーンを開催中です。第一弾コンテンツの発売開始は10月上旬を予定、各詳細はティザーサイトよりご覧ください。
また、大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)で開催中の「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」内で、2017年9月1日から9月3日の間、「Birth YUSUKE NAKAMURA VR」のイメージサンプルをお楽しみいただけるコーナーを設置いたします。

【「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」イメージサンプル体験コーナー概要】
設置期間:2017年9月1日(金)~ 9日3日(日)11:00~19:00(最終入場18:30)
設置場所:大阪芸術大学 スカイキャンパス(あべのハルカス24F)にて開催中の「中村佑介展 15 THE
VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」内

◆イラストレータープロフィール◆
名前:中村佑介(なかむら ゆうすけ)
1978年生まれ。兵庫県宝塚市出身。
大阪芸術大学デザイン学科卒業。
ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手掛けるイラストレーター。ほかにもアニメ『四畳半神話大系』や『果汁グミ』TVCMのキャラクターデザイン、セイルズとしてのバンド活動、テレビやラジオ出演、エッセイ執筆など表現は多岐にわたる。初作品集『Blue』は、画集では異例の9.5万部を記録中。



『e-DIVE』は「絵×VR」によってイラストレーターさえ気付かなかった絵の可能性を引き出し、事業展開を積極的に推進するとともに、新しいアート市場の創出を通じてアート文化の発展に貢献してまいります。



<株式会社ビーグリー>
 ビーグリーは、『固定観念にとらわれる事なく、新しい発見と進歩を求め続ける』という理念のもと、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」を中核にコンテンツプラットフォーム事業を展開しております。『インターネットによって隠れた才能を持つクリエイターとファンを繋ぐことで新たな市場、新たな顧客を開拓し、文化の発展に貢献する』というMissionを遂行すべく、創作活動によって生み出される”コンテンツ”が、インターネット上で“ユーザー”や“ファン”としっかり出逢えるように、様々な役割を担ってまいります。

【会社概要】
社名      : 株式会社ビーグリー(英文社名:Beaglee Inc.)
事業内容    : コンテンツプラットフォーム事業
創立      : 2004年10月25日
資本金      : 18億4,146万円(2017年6月30日時点)
所在地     : 東京都港区北青山二丁目13番5号
代表者      : 代表取締役社長 吉田 仁平
URL      :  (リンク »)
証券コード   : 東証マザーズ 3981


<株式会社WHITE>
2015年設立のイノベーションデザインカンパニー。「新しい、を価値にする。」をコンセプトに、VR、IoT、ChatBot、AI等のテクノロジーを活用したコミュニケーションで企業や社会の課題解決を図る。会社設立以来、VRを主力事業として位置付け、紙製スマホVRゴーグル「Milbox」シリーズの開発・製造、VR対応コンテンツの企画・制作を行う他、2016年より企業のマーケティング支援を行うための新サービス「Milbox VR マーケティング」を開始。
世界初・複数のタッチ操作が可能な「MilboxTouch」は、世界最大級のテクノロジースタートアップの登竜門イベント「SXSW2016」Interactive Innovation Awards VR&AR部門のファイナリストに選出。Microsoft Innovation Award 2016「Tech in Asia賞」を受賞。

【会社概要】
社名      : 株式会社WHITE (英文社名:WHITE Inc.)
事業内容    : IoTプロダクト・サービス事業 他
設立      : 2015年4月15日 
資本金     : 3,000万円
出資者     : 株式会社スパイスボックス
所在地     : 東京都港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館16F
代表者     : 代表取締役社長 神谷憲司 
URL      :  (リンク »)

■Milbox(みるボックス)について
WHITEが製造・販売する紙製スマホVRゴーグル。「Milbox」「Milbox 2」は、米国Google社の簡易型VRゴーグル向け認証制度「Work With Google Cardboard(WWGC)」を取得しています。WWGCは、「安全性」「機能性」「操作性」など、米国Google社が独自に定めた品質基準を満たす簡易型VRゴーグルのみに発行される認証です。日本では、現在Milbox、Milbox 2を含む3製品(※株式会社WHITE調べ)が認証を受けています。
(リンク »)




※ 本リリース情報は発表後予告なしに内容が変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※ 本リリースに記載されている社名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。
※ VRとは、バーチャルリアリティ(virtual reality)の略語で、「人工現実感」などと訳されます。コンピューターによって作られた仮想世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術です。
※ サブカルアートとは、漫画・書籍やアニメ、ゲーム、音楽といったサブカルチャー分野におけるアート作品を指す言葉として利用しております。
※ Milbox製VRゴーグルとは、気軽に持ち運べるダンボール製の本体と、スマートフォンを使って、本格的なVRをカジュアルに楽しむことができるスマホVRゴーグルです。 立体視が可能な二眼レンズ(サイドバイサイド)方式の採用により、没入感のあるVR体験を可能にします。また、Work With Google Cardboard(WWGC)認証を取得しているためYouTube上のVR(360度)映像がMilbox専用に最適化されるという特徴があります。


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ビーグリー
Tel:03-6706-4058 担当:秋田・永井

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビーグリー 広報担当宛
e-mail:pr@beaglee.com




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]