WIN、Linux、Android、Mac対応ガルバニック絶縁4mAから20mA精密小型電流計USBモジュールの販売開始

WIN、Linux、Android、Mac対応ガルバニック絶縁4mAから20mA精密小型電流計USBモジュールの販売開始

ポジティブワン株式会社 2017年09月04日

2017年9月4日、ポジティブワンは、WIN、Linux、Android、Mac対応ガルバニック絶縁4mAから20mA精密小型電流計USBモジュールの販売開始

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、WIN、Linux、Android、Mac対応ガルバニック絶縁4mAから20mA精密小型電流計USBモジュールの販売を開始いたします。4-20mA標準に準拠した2つのセンサーを接続できる小型モジュール(60x20mm)です。最大80mAの23V電圧でセンサに電力を供給することもできます。電気的に絶縁されたインターフェースとして考案されました。測定器とモジュールのUSB部分の間にガルバニック絶縁があります。

4~20ミリアンペア-RXは、実験装置として、または工業プロセス制御機器としてだけでなく、家庭および商業環境における同様の用途に使用されることが意図されれています。最大限のプログラミング言語で簡単に運転できるように工夫ししております。

4-20mA標準に従ったセンサーを接続するための2つの入力があります。これらのセンサは、名前によって暗示されているように、電流ループを使用して測定値を伝送し、その測定値に応じて4mAと20mAの間で直線的に変化する電流を制御する特異性を有します。本質的にこの電流を測定できる精密小型電流計です。

測定を送信するために使用される電流ループは、23Vとマークされたポールから開始し、電流を制御するセンサーを通過し、aのマークが付いたポールのモジュールに戻りますループ標識します。

◆入力に相当する電気回路図
50オームの抵抗の助けを借りて現在の測定値を実行します。これは、モジュールのグラウンドに関して、測定値の電圧降下を最大1Vに制限します。現在のループでは約22Vが利用可能です。ほとんどのセンサーは最低12Vで動作する必要があり、Yocto-4-20mA-Rxとセンサー間の電気ケーブル抵抗を克服するには10V程度の余裕があります。これにより、AWG 24ケーブルを使用して2500メートル以上の距離が可能になります。

◆自動変換
測定された電流をセンサーが測定した物理量に自動的に変換することができます。変換は、[4mA ... 20mA]レンジとセンサーが測定できる極値の範囲のマッピングに基づく単純なリニア変換です。マッピングを設定できます。メジャーレンジを0mAまで拡張することができますが、センサの接続エラーを検出するために最小でない値を保持すると便利です。

◆グリーンled
各種入力には緑色LEDが装備されています。その強度は、現在のループで読み取られた値を示します。センサーが正しく接続されていないと、このLEDは消灯します。

◆センサ電源
電源を供給するために、多くの4..20mAセンサは、常に利用可能な4mAを使用して、電流ループに必要なエネルギーを取り込みます。一部のセンサーはもう少しパワーを必要とします。23Vポールとグランド・サインでマークされたポールの間で調整された23V電源の助けを借りてそれを提供することができます。両方のセンサーで同時に使用できる電流は、ループで使用される電流を含めて合計80mAです。この値を超えると、4..20mAセンサーの動作が変更され、モジュールうの23V電源が損傷する危険性があります。センサの動作に多くの電力が必要な場合は、独立した電源を使用する必要があります。

◆オーバーロード(赤)
20mA以上を測定するように設計されていません。電流ループでより高い強度が検出された場合、たとえば短絡のために、対応する入力が保護モードに入り、対応する赤色LEDがオンになります。20mAを超える値を報告する場合、それらを不正確とみなす必要があります。
内部抵抗は50Ωのみです。これにより、4-20mAセンサに非常に長いワイヤを使用することができます。ただし、大きなコンデンサを使用したセンサと組み合わせた低抵抗では、電源投入時に保護問題が発生することがあります。コンデンサ充電プロセスにより、20mAを超える電流ラッシュが発生し、保護モードがトリガされます。これは、センサ電源ワイヤに100-200Ωの抵抗を追加することで回避できます。

◆機能絶縁
機能絶縁により分離された2つの異なる電気回路として設計されています。この断熱材は、両方の回路が安全な低電圧(SELV)で動作し、いつでも危険なくアクセスできるため、オペレータの安全には何の役割も果たしません。信頼性と使いやすさを向上させるために、安全要件を超えて絶縁が追加され、両方の回路が異なる基準で動作することができます。
断熱材は安全のために役割を果たすものではありませんが、2次回路の補助絶縁に適用される規則に従って設計されています。機能絶縁の仕様は次のとおりです。

絶縁電圧6: 1kV
クリアランス距離: 1mm
沿面距離: 1mm
品目グループ: Cat IIIa(FR4)

2つの入力間に電気絶縁はありません。2台の異なる機器を同じモジュールに接続する場合は、同じグランドを共有しているか、それとも電気的に絶縁されているかを確認する必要性があります。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ポジティブワン株式会社の関連情報

ポジティブワン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]