1日1題の英語学習アプリ「HiNative Trek」より2ヶ月分の料金がお得になる年額プランの提供を開始

株式会社Lang-8 2017年09月05日

From PR TIMES

株式会社Lang-8(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:喜 洋洋)が提供する英語学習アプリHiNative Trek(ハイネイティブ トレック)にて年額プランでのサービスの提供を開始致します。



[画像1: (リンク ») ]


2016年2月より提供してまいりました英語学習サービス「HiNative Trek (ハイネイティブ トレック) 」。サービス提供当初はIT・スタートアップ業界向けに特化した、実践的な学習内容を提供してまいりましたが本年4月からはビジネス英語コースの開設に加え、日本だけではなく、中国、韓国、台湾、香港、ロシア、メキシコ、チリでのサービス提供もスタートしより多くのユーザー様にご愛顧頂いております。

そんな「HiNative Trek」ですが、これまで月額プランでのサービス提供のみだった所を、年額プランを合わせて開設すると運びとなりました。また今回の年額プランではお申し込み頂く事で2ヶ月分の料金がお得になる内容となっております。

「HiNative Trek」では、今後より一層、グローバル化する社会に向け英語学習をお考えの個人の皆様、法人や団体の皆様方により良い学習サービスと、学習環境を提供していけたらと思っておりますので今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

【HiNative Trekとは】

[画像2: (リンク ») ]


HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)は、1日1題形式の英語学習アプリです。
またサービス内においてアメリカ人の専任講師による添削やチャット形式による個別フィードバックを受けることができ、実践的な英語学習を行う事が出来ます。加えて本サービスはアル・ゴア元アメリカ副大統領、マーク・ザッカーバーグ氏などの同時通訳を務めた経験をもつ関谷英里子氏が教材の監修を務めており信頼度が高く安心して利用する事ができるサービスとなっております。

【HiNative Trekの特徴】

[画像3: (リンク ») ]



HiNative Trekのその他の特徴としましては他、語学学習サービスのように予約は必要なく、空いた時間で自由に利用できる為、時間効率良く学習をする事が出来ます。また1日1題の出題形式となっているのですが、溜まってしまった分の問題を後日まとめて提出する事も出来る為、ユーザー自身のリズムに合わせてストレス無くお使い頂く事が可能となります。出題に関してはテキストと音声での回答となり、回答したものがデータとして残る為、復習にも向いている点もHiNative Trekの特徴の一つといえます。加えて利用料金に関しても1日約400円(※年額プランの場合) とコーヒー一杯分の料金程度と、とても経済的にご利用いただける点も特徴となります。

【利用料金プラン】
・月額プラン 9800円 (海外では$98)

新料金プラン
・年額プラン 98000円
※年額プランでは上記料金を一括での支払いとなります。また年額プランは月額プランでの1年間利用よりも19600円(月額プラン 2ヶ月分)お得なプランとなっております。

Web版
(リンク »)

ITコース
(リンク »)

iOS版アプリダウンロードページ
(リンク »)

【会社概要】
会社名 : 株式会社Lang-8
URL : (リンク »)
事業内容 : 語学学習サービス Lang-8とHiNative、HiNative Trekの企画・開発・運営
所在地 : 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-19-7 VORT恵比寿Dual’s 601
設立:2007年6月29日
代表取締役:喜 洋洋

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名: 株式会社Lang-8
担当者名: 間地
Email: pr@lang-8.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]