【通信業】お客様事例 NEC Express5800サーバ メーカーEOSLにオンサイト保守のご提案 ハードウェア延伸で安定した運用環境へ

メーカー保守終了後の機器(NEC IAサーバ・Express5800シリーズ)についてオンサイト24時間×365日のご提案

データライブ株式会社 2017年09月06日

お客様業種:電気通信事業 事業規模:資本金1000億円以上 対象機器:NEC IAサーバ(Express5800シリーズ) 10台以上 保守形態:オンサイト24時間365日保守

【データライブへ問い合わせを行ったきっかけ】
現行保守のベンダーより、お客様へハードウェア保守延伸ができないと通告があったことがきっかけでした。
システム更改は行わず延伸することを希望されていましたが、サポートパックを契約していたメーカーでは原則として延長ができず、既存ベンダーでの延伸調整が難しい状況でデータライブにご相談を頂きました。

【お客様の課題、ご心配された点】
・課題
メーカーの保守は延伸ができず、新システム構築や予算との兼ね合いで2年間は保守延伸を行ってからシステム更改したいとの課題がありました。

・ご心配された点
対象機器はハードウェア・ソフトウェアともにメーカーの保守延長が不可と連絡を受けていました。
そのため、データライブではハードウェアの保守とソフトウェアに関しても保守は可能なのかご心配されていました。

【データライブの対応】
データライブは独立系の第三者保守会社のため、ソフトウェア関連は対応できかねることをお客様にお伝えしました。
しかし既存ベンダーと連携しつつ保守スキームを構築していくことは可能なので、既存ベンダーとソフトウェアの調整の余地がないか助言しました。
これを機会にSIer様、エンドユーザー様、既存ベンダーにて対策を検討された結果、既存ベンダーでソフトウェアの対応を継続することが決定しました。
ハードウェア保守延長については、データライブが行うこととなりました。
保守会社がハードウェアとソフトウェアで異なるため、エンドユーザー様との直接契約ではなく、SIer様を経由して保守の窓口を統括したいとのご要望があり、データライブではそのように対応させて頂きました。

【導入効果】
今回対象となった機器はお客様の社内システムであり、ユーザー向けのサービスではないものの社内役員の方々も使用されるため保守延伸は必須となっていました。
データライブのオンサイト保守サービスによる延伸で、重要なシステムの運用環境が整ったと満足なご様子でした。
このように、データライブで提供可能なハードウェア保守サービスをご利用頂くことでシステム更改までの安定した運用が可能となります。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データライブ株式会社の関連情報

データライブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]