電子ファイル”無害化”製品 「VOTIRO Secure Data Sanitization WS版搭載済専用サーバモデル」を新発売

スワットブレインズ株式会社 2017年09月11日

From DreamNews

スワットブレインズ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:加藤 慎二、以下スワットブレインズ)は、情報セキュリティ対策の一環として利用が大幅に増えている電子ファイルセキュリティニーズを満たすべく、株式会社アズジェント(本社:東京都中央区 代表取締役社長:杉本 隆洋、以下アズジェント)が販売する、「VOTIRO Secure Data Sanitization(ヴォティーロ セキュア データ サニタイゼイション:VOTIRO-SDS)」を搭載した「VOTIRO-SDS 搭載済サーバモデル」について、VOTIRO-SDS WS版を搭載した専用モデルを新モデルとして発売します。 

 これまで提供してきた、VOTIRO-SDS AE版搭載済専用サーバモデルと合わせて、2つのVOTIRO-SDS製品を搭載した専用サーバモデルを提供します。

 「VOTIRO-SDS WS版搭載済サーバモデル」は、スワットブレインズオリジナルの専用サーバとして、2017年10月1日から新発売します。

 アズジェントが取扱う「VOTIRO-SDS」は、ファイルをサニタイズ(無害化)するアンチマルウェアソリューションです。総務省が進める自治体のセキュリティ対策の中でも、電子ファイルの「無害化対策」として、現在最も注目されています。

 昨今、標的型攻撃が増加しており、多くの組織が攻撃の危険にさらされています。標的型攻撃の多くは、巧妙な方法で正規のメールを装い、マルウェアを含んだファイルを添付することによって、端末でマルウェアを感染させ、機密情報を持ち出そうとします。マルウェアのソースコードは、インターネット等から簡単に入手でき、カスタマイズすることも可能なため、多くのマルウェアが誕生しています。このことから、従来の「パターンマッチング」に依存するセキュリティ対策は限界にきているとともに、組織においてマルウェア対策が急務となっています。

 VOTIRO-SDSは、ファイルがマルウェアを含んでいる「可能性」を重視し、メールの添付ファイル、Web経由のダウンロードファイル等をサニタイズ(無害化)するマルウェア対策製品です。
一般的にエクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトやプログラム)やマルウェアはファイルのメタデータや空ビットスペース、マクロの中に潜んでいます。VOTIRO-SDSは、これらのデータをチェック、ファイルに不要なデータ部分を削除、あるいは意味のない情報に書き換えることで、攻撃用の実行ファイルを削除します。
VOTIRO-SDSは悪意の有無にかかわらず、すべての対象ファイルをサニタイズするため、シグネチャの存在しない未知の攻撃も防御すると同時に、パターンファイルの更新の煩わしさや誤検知からの解放をも実現します。すなわち、メール添付ファイルや持ち込みファイルなどに潜むマルウェアをすべて無害化することにより、巧妙な標的型攻撃による情報漏えいを防ぎます。

 スワットブレインズが新たに追加提供する「VOTIRO-SDS WS版搭載済サーバモデル」は、VOTIRO-SDS Webサーバ連携版 と、利用者のファイル無害化目的の Web操作を実現する VOTIRO-SDS用Webアダプタの両方を搭載し、幅広いファイル無害化システムの導入要件に対応する専用サーバモデルです。 対策が急がれる「電子ファイルの無害化ニーズにお応えの出来る製品」として、”指名”される製品となっているVOTIRO-SDSシステムの導入を強力に支援します。

■VOTIRO-SDS WS版搭載済専用サーバモデル
 ・VOTIRO-SDS 自治体専用M7型(型名:SWSVOT07)
 ・VOTIRO-SDS WS 【Webサーバ連携版】と、VOTIRO-SDS Webアダプタを搭載



■VOTIRO-SDS WS (Webアダプタ)搭載済専用サーバモデル
 ・VOTIRO-SDS WS (Webサーバ連携)版と、利用者向けのWebインタフェースを実現する、VOTIRO-SDS用の
Webアダプタを、仮想化技術を活用し、1Uサイズのサーバに実装しています。
 ・1Uサーバで、冗長化された電源、RAID6構成された内蔵ディスク構成により、安定したシステム運用を実現しています。
 ・利用者に判りやすい、Webインタフェースによる、ファイル無害化の仕組みを1台の専用サーバに全て実装することにより、既存のネットワークと、分離されたセキュアネットワークの双方の両方から安全にアクセスする仕組みの導入が可能になります。VOTIRO-SDS 製品導入のための新たなシステム設計と実装、動作検証を大幅に削減できるためコストを抑えた導入が可能になります。
 ・搭載済専用サーバは搭載するVOTIRO-SDS製品に応じて最適な搭載モデルをご提供します。
 ・VOTIRO-SDS for E-mail (メールサーバ連携) は搭載できません。
■VOTIRO-SDS 搭載済サーバモデル 販売価格
 ・製品価格には、VOTIRO-SDS WS (Webサーバ連携)版(ソフトウエア)、専用サーバ、ソフトウエア・ハードウエア保守の
  【初年度保守費用】が含まれます。
■VOTIRO-SDS 搭載済サーバモデル 導入が想定されるお客様例
 VOTIRO-SDS 搭載済サーバモデルは、以下のお客様に適しています。
  ・総務省が推奨するセキュリティ対策として、ファイル無害化システムを導入される自治体様
  ・自治体と同様に、ネットワークの分離や、セキュアなネットワークセグメントの運用を検討されるお客様
  ・マイナンバーをはじめとする、重要な個人情報や関連するデータを運用するお客様
  ・重要機密情報、軍事機密、医療情報や、特許情報など重要な電子データを運用されるお客様
■販売について
 VOTIRO-SDS WS 版搭載済サーバモデル製品は、スワットブレインズの販売代理店を通じて供給します。
 ※VOTIRO-SDS WS 版搭載済サーバモデル製品のお取扱をご希望の方はスワットブレインズまでご連絡ください。
■製品提供時期
 2017年10月1日より発売を開始します。
--- スワットブレインズについて :  (リンク »)
 名称:スワットブレインズ株式会社
 代表取締役社長:加藤 慎二
 設立:2007年1月
 本社所在地:〒604-0857 京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町267 烏丸二条ビル2階
 代表電話番号:075-211-9480(代)
 資本金:64,962,500円
 事業内容:企業内ネットワークセキュリティのコンサルタント、各種セキュリティ製品の企画・開発・販売。
全国の官公庁や自治体から大学をはじめとする文教市場、そして広く民間の企業様と、分野を問わず
幅広いお客様との取引実績があり、ユーザ目線の製品とソリューション提案を行っています。 
内部業務観点や、ネットワーク観点という方向からの製品選定と運用提案が特徴です。
--- アズジェントについて :  (リンク »)
 名称: 株式会社アズジェント
 代表取締役社長:杉本 隆洋
 設立:1997年11月10日
 本社所在地:〒104-0044 東京都中央区明石町6番4号 ニチレイ明石町ビル
 代表電話番号:03-6853-7401(大代表)
 資本金: 7億7,111万円
 事業内容:アズジェントはセキュリティに特化したソリューションベンダーです。大手金融、保険会社、データセンターをはじめとする様々な組織のセキュリティコンサルティング、監査において豊富な実績、ノウハウを有しています。また、セキュリティ機器販売、テクニカルサポートにおいてもお客様より高い評価を得ています。

<本件に関するお問い合わせ先>
 スワットブレインズ株式会社 ソリューション営業部 正木(まさき)
  電話: 075-211-9480(代)  E-mail: sales@swatbrains.co.jp
 株式会社アズジェント 営業本部プロダクト営業部 担当営業
  電話: 03-6853-7402 E-mail : sales1@asgent.co.jp

本紙に記載された会社名及び、製品名などは全て該当する各社の商標又は登録商標です。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スワットブレインズ株式会社の関連情報

スワットブレインズ株式会社

スワットブレインズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]