明海大学で、地域観光産業の強化を担う「宿泊施設のための中核人材育成プログラム(観光庁補助事業)」を開講

明海大学 2017年09月12日

From Digital PR Platform


明海大学(千葉県浦安市/学長:安井利一)ホスピタリティ・ツーリズム総合研究所は、「宿泊業から日本を観光立国へ」というメインテーマのもと、一流ホテルのコンシェルジェやハワイ・ロッジング・ツーリズム協会等と連携し、世界レベルの宿泊施設企業と最新情報や要望を共有することにより、宿泊施設のミドルマネジメント層を育成するプログラムを提供する。


 日本が真の観光立国を目指すためには、拡大傾向にある観光需要に十分対応することが重要であり、宿泊施設で中核を担う経営人材の育成が急務であることが、企業への1年にわたる聞き込み調査により明白となった。

 時代の変化に敏感に対応し、お客様の心に寄り添った動きのできる宿泊施設であるためには、ミドルマネジメント自身の意欲と自信に加え、必要十分なスキルが不可欠である。
 今回のプログラムでは、観光立国実現のために、宿泊施設で現に従事しているミドルマネジメント層を対象に、宿泊施設等が有する課題の解決や地域および業界からのニーズを踏まえた実践的で専門性の高いプログラムを提供する。

 講師陣は、同大教員のほか、「ハワイ・ロッジング・ツーリズム協会」Vice Presidentなど、国内外で活躍している専門家や経営者が担当する。

 日本の未来を担うべく、将来を支える中核人材に本プログラムを受講してもらい、それぞれの施設・地域にその知識・成果を持ち帰ってもらうことを目指す。

※本プログラムは、本年2017年度は、国土交通省観光庁の「産業連携による観光産業の中核人材育成・強化事業」として実施する。

■地域観光産業の強化を担う「宿泊施設のための中核人材育成プログラム」(概要)
【対 象】 宿泊施設に従事している中核人材(ミドルマネジメント、またはその候補者)
【実施場所】 明海大学浦安キャンパス(JR京葉線 新浦安駅)
【実施日程】
 <全10回>2017年10月21・28・29日・11月18・25・26日・12月3・9・10・16日
 各回10:30~16:30
【定 員】 20名(書類選考の上、決定)
【受講料】 無料(2017年度は観光庁の事業として開講のため、無料。受講者には、講義内容に関する感想や意見を伺う予定)

▼本件に関する問い合わせ先
 明海大学ホスピタリティ・ツーリズム総合研究所 
 TEL: 047-355-5972

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]