NTTデータが、自社グループのクラウド認証基盤にGleasを採用

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ 2017年09月15日

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下 JS3)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、以下 NTTデータ)が「プライベート認証局Gleas(以下 Gleas)」を採用したことを発表します。

NTTデータでは、自社及びグループ各社へのクラウドサービス利用における認証基盤の構築に際し、二要素認証のためのクライアント証明書の発行プラットフォームとしてGleasを選択し、重要なデータを持つシステムへの認証強化に活用しています。

本導入事例の詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

■Gleasについて
Gleasは、これまでのPKI関連ビジネスで得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するためにJS3が開発・販売する認証局製品です。
ここ数年、Gleasはエンタープライズ市場を中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。Gleasの企業管理者業務の効率化を目的とした機能、および他製品との関連ソリューションは、お客様からのニーズに基づき開発・搭載したことで高い評価をいただいています。
製品紹介URL: (リンク »)

■JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて
JS3は、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用したIT製品開発・販売企業です。
自社開発のGleasで、「クライアント証明書認証」を中心に据えたビジネスを積極的に展開しています。

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ 営業本部
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
E-Mail: sales@jcch-sss.com
TEL: 050-3821-2195

このプレスリリースの付帯情報

Gleas導入概念図

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズの関連情報

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。