マイクロソフトがクラウド、AI、複合現実によって顧客ビジネスのデジタル変革を支援

マイクロソフト 2017年09月26日

From 共同通信PRワイヤー

マイクロソフトがクラウド、AI、複合現実によって顧客ビジネスのデジタル変革を支援

AsiaNet 70237 (1477)

【オーランド(米フロリダ州)2017年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】マイクロソフト(Microsoft Corp.)は25日、フロリダ州オーランドで開催された同社の年次ITイベントMicrosoft Igniteに2万5000人以上の企業顧客を迎え、同社製品にクラウド、AI、複合現実を取り込んで企業顧客が将来の事業を可視化し、構築する手助けをする方法を紹介した。マイクロソフトは量子コンピューターがいくつかの地球最大の問題解決に役立つ方法も紹介した。今回の発表は、マイクロソフトの商業ビジネスであるOffice 365、Windows 10、Microsoft Azure、Dynamics 365、Microsoft AIにも及び、マイクロソフトが急変する職場において人々や組織の成功を支援する方法や、顧客がデータ、AI、ハイブリッド、クラウドテクノロジーを利用してビジネスプロセスを進化させ、未来に向かって革新する方法に焦点を合わせた。

Logo - (リンク »)

マイクロソフトのサティヤ・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「デジタルテクノロジーはわれわれの社会と経済のあらゆる側面に衝撃を与え、すべての規模の組織にとって前例のないチャンスが生まれている。Microsoft 365、Dynamics 365、Azureに吹き込んだ複合現実や人工知能によって実現できるフロンティアを押し広げ、世界を変革し衝撃をもたらす世界の顧客、パートナー、デベロッパーの創意に楽観的であり、刺激を受けている」と語った。

▽コンピューティングの次のフロンティア
マイクロソフトは量子物理学に基づくスケーラブルなコンピューターを開発する構想に12年間集中的に取り組み、この日、スケーラブルな量子コンピューターと、プログラミング言語とVisual Studioの一体化とを生かすために最適化された新しいプログラミング言語の開発を発表し、デバッギングとサポート、ローカルないしはMicrosoft Azure上で動作可能な最先端シミュレーターをデベロッパーに提供する。このツールは今年末までに無料で利用できるようになる。デベロッパーはこの日から、ウェブサイトwww.microsoft.com/quantum で登録すれば、マイクロソフトの量子コミュニティーに参加できる。

▽雇員を支援し、新しい仕事文化を育成する
マイクロソフトは、2つの新しいソリューションによるMicrosoft 365の拡張も発表し、第一線で働く人や教育者である顧客を支援する。同社は新しいインテリジェント検索機能も導入した。これは、Microsoft Teams、セキュリティーとIT管理の強化を軸にするインテリジェントなコミュニケーションのための構想で、一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)の準拠など、顧客がセキュアな状態を保ち規則を守り続けることを支援する。

*Microsoft 365 F1はOffice 365、Windows 10、エンタープライズ・モビリティー・セキュリティー(Enterprise Mobility + Security)を一体化し、企業とその顧客との最初の接点としての役割を果たしたり、製品作成に直接かかわりを持ったりする世界の第一線で働く20億以上の人々を支援する。

*Microsoft 365 EducationはOffice 365 for Education、Windows 10、Enterprise Mobility + Security、Minecraft: Education Editionを含んでいる。これは開発やコラボレーションをセキュアに遂行するために必要なすべてを学生、教員、スタッフに提供する。

*HP Inc.、レノボ、Acer、富士通が275ドルから提供する新しいWindows 10 S商用デバイスを含むMicrosoft 365搭載デバイスは、セルフサービス・デプロイメントと簡略化された管理を提供し、常に最新の状態を保持、これによってビジネスの総所有コストを軽減する。クラウドベースのアイデンティティーと管理向けに設計されたこれらのデバイスは、第一線で働く人、学生、教育者にとって最適である。

*マイクロソフトはインテリジェント・コミュニケーションの新バージョンを発表した。これには、コグニティブおよびデータ・サービスとともにSkype for Business OnlineをMicrosoft Teamsに統合する計画も含まれており、これによってTeamsが常時接続のチャット、ボイス、ビデオを含めOffice 365における共同作業の真のハブになる。

*インテリジェント検索体験はAI、機械学習を活用し、Microsoft 365で検索すればより関連性のある検索結果をいつでも提供する。新しい体験は企業のプライベートプレビュー向けBingが含まれ、これは組織の内部および外部からカスタム化されたコンテクスチュアルな検索結果の統一見解を提供する

*マイクロソフトのプロファイルカードの新しいLinkedInは、マイクロソフトのアプリおよびサービスでLinkedInプロファイルから情報を見ることを可能にする。Outlook Web Access、SharePoint、OneDrive for Businessの初リリースの顧客向けに提供されるこの新しい体験は、組織の内部および外部で一緒に働いている人に関する知見をOffice 365の中で直ちに提供することで、コラボレーションと関係構築の方法を強化する。

*HP Inc.とレノボは、2018年1月に始まるセレクトオーダーで企業にデバイスIDを提供することによってWindows AutoPilotをサポートしSurfaceに参加する。これによって、ユーザーは企業の設定とアプリが使用可能な新しいデバイスを容易にセットアップすることができ、IT部門は直接デバイスに手出しをしたり、アップデートを管理したりする必要がなくなる。

*Microsoft 365は(1)強化したフィッシング対策機能(2)SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teamsの強化された防御(3)クラウドおよびオンプレミス・アイデンティティー脅威検知機能の統合-など、向上したAdvanced Threat Protection(ATP)機能を提供する。

マイクロソフトのModern Workplaceソリューションに関する詳細はウェブサイト (リンク ») )を参照。

▽クラウドとAIによってビジネスプロセスを最新化
マイクロソフトは、クリティカルな企業シナリオ、アプリとサービスをDynamics 365を新しいAIソリューションで拡張し、企業ユーザーが日常的に使用するビジネスプロセスを改革した。

*Microsoft Dynamics 365 AIソリューションは高価値で複雑な企業シナリオに対応するように設計され、既存のプロセス、システム、データに合わせてある。この初のソリューションには、顧客ケアのためのインテリジェントなバーチャル・エージェント、顧客サービススタッフ向けのインテリジェントなアシスタント、会話管理ツールが含まれ、これらすべてはMicrosoft AIによって駆動されている。オーストラリア政府人材サービス省、HP Inc.、メイシーズ、マイクロソフトはこのテクノロジーを活用し、より短い時間で全体の顧客満足度を向上させるとともに、より多くの要望に対応している。

*Dynamics 365向けのモジュラー・アプリは、顧客が既存システムと統合し、それらをDynamics 365、LinkedIn、Office 365からのワークフローおよび知見によって拡大することで、影響力が大きなプロセスを素早く変革することを支援する。最初の2つのモジュラー・アプリであるAttractとOnboardは、企業が最も有能な候補者を採用し、カスタム化したオンボーディングによってその成功を実現する。いずれもDynamics 365 for Talentの一部としてこの後、年内に入手可能となる。

*PowerApps、Microsoft Flow、Office 365、Dynamics 365のより深化した統合。InfoPathフォーム、AccessデータベースあるいはSharePointに通じたすべての企業ユーザーは、PowerAppsとMicrosoft Flowを使ってビジネスプロセスを拡大し、自動化アプリを作成することができる。

企業がこれらの新しいテクノロジーを活用し、ビジネスアプリケーションおよびプロセスを向上させる方法についての詳細はウェブサイト (リンク ») )を参照。

▽エンタープライズ・クラウドを進展させる
Microsoft Azureは組織の生産性、インテリジェントなデータドリブン体験、深まる業務委託を新しいレベルまで進展させている。これらすべてはオンプレミスであろうが、クラウドであろうが、データ、アプリ、インフラストラクチャーにおける一貫した独自のハイブリッドクラウド・アプローチによって達成される。

*Dell EMC、HPE、レノボを含むOEMパートナーを通じて出荷されるAzure Stack。Azureの拡張であるAzure Stackは市場でユニークであり、組織がAzureクラウドに保有する全く同じAPI、ツール、体験を使用できるアプリを構築し展開することが可能な一貫性を実現している。

*SQL Server 2017 GAによってLinux、Windows、Docker上で利用できるSQL Server。SQL Serverは、オンプレミスでも利用可能な初のボーンインクラウド・データベースである。SQL Server 2017はSQL Serverの能力をWindows、Linux、Dockerコンテナに初めてもたらし、デベロッパーが好みの言語と環境を使ってインテリジェントなアプリケーションを作成し、高レベルの性能およびデータセキュリティーを伴って生産性をさらに高めることを可能にする。

*完全自動化されたDatabase Migration ServiceとSQL DB Managed Instanceは顧客がオンプレミスSQL ServerデータベースをAzure SQLデータベースに移したり変更したりすることを可能にする。

*SQLデータウエアハウスはコンピュートに最適化された最新の性能ティアを提供し、クラウドでの分析性能を大幅に向上させる。この新しいコンピュート最適化性能ティアは最大3万コンピュート・データウエアハウス・ユニットまで大幅に規模拡大できる。プレビューは今秋に可能となる。

*Azure Hybrid Benefit for SQL Serverによって、顧客は割安な価格で既存のラインセンス投資を最大化することができ、顧客のデータ投資におけるハイブリッドの期待をさらに高める。

*CloudynによるAzure Cost Managementサービスは、マルチクラウド環境の単一の統一見解を通じてクラウド支出を管理し、最適化することに寄与する。顧客とパートナーはこのサービスを活用してAzure支出を無料で管理することが可能になる。

*Azure Security Centerは、脆弱性を軽減し脅威防御を高めることに重点を置いた新しい統合セキュリティー機能を含むほか、セキュアなハイブリッド・ワークロードにも及んでいる。

*Azure Machine Learningに対する新しいアップデートのプレビューはAIデベロッパーとデータサイエンティストに対し、クラウド、オンプレミス、ないしはエッジのいずれでも機械学習およびAIモデルの新しい開発・管理ツールセットを提供する。これらの新しいアップデートはまた、AIデベロッパーとデータサイエンティストが最も普及しているオープンソースのフレームワーク、ツール、ランタイムを活用することで生産性を高めることも可能にする。

*Azure CosmosDBとAzure Functionsの統合。世界に分散するこの種では初の最新データベース・サービスであるAzure CosmosDBの能力をサーバーレス・サービスのAzure Functionsにもたらすことによって、デベロッパーは新しいレベルの生産性を達成し、数行のコードでアプリを書くことが可能になり、イノベーションが迅速になり、IoTセンサー、データベース変更などの「イベント」に対応することができる。

*デベロッパーがAI機能を自らのアプリケーションに容易に追加することを可能にするインテリジェントなAPIの一群であるMicrosoft Cognitive Servicesへのアップデート。この日のアップデートには、テキストのセンチメント分析、キーフレーズ抽出、言語検出など、言語プロセッシング向けのクラウドベース・サービスであるテキスト分析の一般利用が含まれる。来月、われわれはウェブのセクション向けにカスタム化された検索体験のBing Custom SearchとBing Search v7の一般利用を可能にし、Bing Web、ニュース、ビデオ、写真の検索を使ってより関連性がある結果に加え、オートサジェストとスペルチェックの新バージョンを提供する。

マイクロソフトのエンタープライズクラウド・ソリューションに関する詳細はウェブサイト (リンク ») )を参照。

▽Microsoft Igniteについて
Microsoft Igniteに関する情報およびニュースはMicrosoft News Center( (リンク ») )で入手できる。読者はさらに、#MSIgniteを使って@MSFTnewsと@MS_Igniteで、マイクロソフトのTwitterコミュニティーをフォローすることもできる。

▽マイクロソフトについて
マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業であり、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織がより多くを実現することを支援する。

ソース:Microsoft Corp.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]