中国のタイルメーカーSUMMITが2017 CERSAIEで一連の新製品を発表

SUMMIT 2017年09月26日

From 共同通信PRワイヤー

中国のタイルメーカーSUMMITが2017 CERSAIEで一連の新製品を発表

AsiaNet 70256 (1480)

【ボローニャ(イタリア)2017年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】セラミックタイルと浴室調度品の国際展示会2017 CERSAIEが2017年9月25日、イタリアのボローニャで開幕し、中国の大手タイルメーカー、SUMMITは「Urban Oasis(都会のオアシス)」をテーマにした一連の新製品を携えて参加した。新製品はホール15/AのブースG7-H8に展示されている。CERSAIEは影響力のある大企業として、世界タイル業界のトレンドセッターである。展示会は、SUMMITを含む855の出展者を収容する20の展示ホールと5つの外部パビリオンに広がっている。中国のタイルメーカーがこのイベントに出展したのは今回が3回目である。

SUMMITは展示会で、環境に配慮したライフスタイルのコンセプトを紹介している。SUMMITは、タイル上に天然木の質感を首尾よく再現できるような方法で、木材塗装タイルの製造工程の改善とアップグレードを続け、本物の木材の必要性に代えている。バイヤーに本物の木製品に代わる製品を与えることで、各木材塗装タイルは森林破壊を減らす1歩となる。SUMMITは2017 CERSAIEで、天然木材の鮮やかな質感を特徴とする10種類の木材塗装タイルを展示した。さらに、SUMMITは新しい自動化インテリジェント生産ラインを建設中である。これは中国でこの種のものとしては唯一となる見込みだ。

SUMMITの展示会参加は今年で3年連続。SUMMITは2015年に新しい出展者としてシルクスカーフ、セラミック、中国の墨塗りデザインの3製品を展示し、ボローニャで同社のブランドイメージとともに中国文化を宣伝した。

SUMMITは今年、Urban Oasisをテーマにした計画を携えて展示会に再登場。同社はブースで、木材塗装タイルと自然の要素で強調した環境と生態系に優しい製品により、世界にグリーン技術の力を示した。SUMMITは展示会で示される最新動向を把握しつつ、「Go Global, While Bringing in the Best the World Can Offer(世界に進出し、世界がもたらす最高のものを提供する)」というキャッチフレーズで描かれているグローバルブランド戦略を引き続き実行する方針である。同社の使命は、中国のタイル部門の発展を促進する一方で、世界レベルのデザインを自社製品に組み込むことにより世界中の家庭に魅力的で環境に優しい住宅を提供することである。

(リンク »)
BACK TO NATURE, BEYOND THE STYLE - URBAN OASIS  2017年9月25-29日

ソース:SUMMIT

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。