「今更ですがRails4→Rails5へとりあえず移行する際のコードや操作の違いについて」

株式会社トランスネット 2017年09月27日

Ruby開発に強いトランスネットがRuby教育の重鎮 中越智哉氏のコラム「今更ですがRails4→Rails5へとりあえず移行する際のコードや操作の違いについて」を公開しました。

###
みなさん、こんにちは。突然ですが、気が付けばRails5がリリースされてからそろそろ1年になろうとしています。

思い起こせば、Railsバージョン1.xや2.xのときには、とにかくフレームワーク自体のバージョンアップが早く、しかもバージョン番号的にはマイナーバージョンアップでも、内容的にはかなりの変化を含んだアップデートだったりすることもしばしばあったように記憶しています。最近のモバイル系OSが年に1回メジャーバージョンアップするものの、言うほどメジャーアップかな?というようなアップデートしか含まないことも間々あるような気がしておりますが(あくまで筆者の感想です)、当時のRailsのバージョンアップはその真逆といった感じでしたね。

そんなRailsも近頃は、Rails3のリリースが2010年、Rails4のリリースが2013年、Rails5のリリースが2016年と、だいぶメジャーアップのペースも緩やかになってきましたので、実はまだRails4ベースで開発・メンテナンス(もしくは学習)していますという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]