ダブつかず、携帯しやすいジャストサイズを追求。小径車専用「コンパクト輪行キャリングバッグ」発売。

ビーズ株式会社 2017年09月27日

From 共同通信PRワイヤー

2017/09/27

ビーズ株式会社

ダブつかず、携帯しやすいジャストサイズを追求。
折りたたみ小径車専用「コンパクト輪行キャリングバッグ」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年9月27日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー) (リンク ») 」より、20インチ以下の折りたたみ自転車を収めてもダブつかず、不使用時も携帯しやすい、ジャストサイズの「コンパクト輪行キャリングバッグ(折りたたみ小径車用) DCB408-DP (リンク ») 」を発売します。

【画像: (リンク ») 】

 公共交通機関を利用して自転車を運び、目的地でのサイクリングを楽しむ輪行では、専用の輪行袋に車体を入れて自ら持ち運ぶ必要があります。 車体を簡単にコンパクトにできる折りたたみ小径車であれば、あまり技術や経験のない方でも比較的取り扱いがしやすく、輪行との相性も良好。 本製品はこの折りたたみ小径車の輪行に特化して、様々な機能を盛り込んでいます。

【画像: (リンク ») 】

<製品特長>
1.収納と携帯の両面に配慮したサイズ設計
 自転車を折りたたんだ際の形状に合わせて、底面にマチを設けるとともに、四隅に生じる空きスペースを最小限に留めました。 自転車を取り出した後は、本製品をくるくると巻いて専用袋に納めれば、ボトルケージに収まります※。

【画像: (リンク ») 】

※ボトルケージの形状により収納しにくい場合があります。

2.自転車・輪行袋の保護
 生地自体にかかるテンションを軽減するよう、自転車本体を直接吊り下げるショルダーストラップを標準付属。 バッグではなく「自転車本体で支える」構造としました。 軽量かつ強固なタフタ素材を裂けにくいよう加工した、リップストップ生地の採用により、輪行袋自体の耐久性も高めています。 荷重がかかりやすい底面については、厚めのポリエステル生地で対応しました。

【画像: (リンク ») 】

3.着実な固定
 ホイールやフレーム、ステムの計3箇所をしっかりと固定するベルト付きなので、移動の際も自転車がずれにくく、容易に持ち運ぶことができます。 当社の折りたたみ自転車であれば、輪行袋底面に配した折りたたみステー用ベルトで、さらにしっかりと固定できます。

【画像: (リンク ») 】

<ブログ始動>
 DOPPELGANGER(R)ではこのほど、自転車にまつわる様々なアクティビティの楽しみ方や知識を盛り込んだブログを本格的に始動。 一般の方にはあまり馴染みがない「輪行」やその方法も、本ブログで詳しく解説しています。
ブログURL: (リンク »)

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】コンパクト輪行キャリングバッグ(折りたたみ小径車用)
【型番:カラー】DCB408-DP:ブラック
【サイズ】開封時:W950×L970×D160mm、収納時:W80×L210×D80mm
【重量】340g
【材質】ポリエステルタフタ
   (裏地:ポリウレタンコーティング、耐水圧:1500mm) 
   (底部:PVCコーティング)
【付属品】タイベルト×3、ショルダーストラップ×1、インナーバッグ×1
【希望小売価格】3,000円(税別)
【製品ページ】 (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]