拓殖大学が山梨県富士川町と包括連携協定を締結 -- まちづくりや地域活性化などで協力

拓殖大学 2017年09月30日

From Digital PR Platform


拓殖大学と山梨県富士川町は9月24日、包括連携協定を締結した。これは、同町の地域活性化や地域課題の解決等と、同大の教育・研究の充実を目的としたもの。締結式終了後には、同大の学生らが中心となって考案した、町の郷土料理「みみ」を使った新作料理の試食会を実施。「道の駅富士川」を訪れた一般客に振る舞った。


 拓殖大学と富士川町の交流は、2015年7月の「大学生観光まちづくりコンテスト2015」で、国際学部徳永達巳ゼミナールが同町をテーマにした発表を行い、その後フィールド調査を実施したことをきっかけとする。
 その後も2016年8月と11月に同町で開催されたイベントへの参加協力や、2017年1月「富士川町まちづくりシンポジウム」の共催などで交流が続いており、同大の留学生が同町平林地区の農家で民泊した際には、その体験を母国に発信した。

 このたび拓殖大学と山梨県富士川町は包括連携協定を締結。9月24日に同町の「道の駅富士川」で行われた協定締結式には、富士川町長や教育長のほか、来賓として町議会議長や日頃お世話になっている平林・穂積・五開の3地区を代表して2区長が出席した。
 協定締結にあたり、志村学町長が「フィールドワークを生かした学生の成長を期待している」と挨拶。また、川名明夫学長は「富士川町での取り組みは教室ではできない貴重な学生教育の場であり、学生の成長はもちろん、富士川町の活性化にもつながることを願っている」と述べた。

 協定締結式の後には、同大の「学生チャレンジ企画」に採択されている徳永ゼミナールとデザイン学科チームのメンバーが、富士川町の郷土料理「みみ」(※)を使った新作料理の提案試食会を実施。茹でた「みみ」を同町産のゆずぽんで味付けした「ゆずぽんみみ」や、同町特産品の平林トマトと煮込んだ「みみストローネ」などの4品・計200食を、「道の駅富士川」を訪れた一般客に振る舞った。
 学生メンバーは「新しいみみ料理にはさまざまな反応があった。アンケートや意見を参考に改良を進めたい」と感想を述べた。

 同大では、今回の協定締結を機に同町との一層の連携推進に努める。

◆協定内容
(1)富士川町の施策の推進や地域課題の解決に関すること。
(2)まちづくり及び地域の活性化に関すること。
(3)生涯学習に関すること。
(4)学生の地域活動及びボランティア活動への参加に関すること。
(5)産学公の連携に関すること。
(6)その他前項の目的を達成するために必要な事項に関すること。

(※)「みみ」
 十谷の集落に伝えられている郷土料理の一つ。小麦粉をよく練って薄くのばし、3cm四方くらいの正方形に切り、一方の隣りあった2つの角をつまんでくっつけて「箕」(農作業で使う道具)の形にしたもの。この「箕」が「みみ」となったらしく、また形が耳に似ていることからも「みみ」と呼ばれるようになったといわれる。
(山梨県富士川町ホームページより)

●山梨県富士川町ホームページ
  (リンク »)

(参考)「2017年度 第8回 学生チャレンジ企画」
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 拓殖大学 広報室
 TEL: 03-3947-7160
 FAX: 03-3947-7812
 E-mail: web_pub@ofc.takushoku-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]