岐阜聖徳学園大学が10月14日に「第1回岐阜聖徳学園大学外国語学部杯 高校生英語レシテーションコンテスト」を開催

岐阜聖徳学園大学 2017年10月05日

From Digital PR Platform



岐阜聖徳学園大学外国語学部は10月14日(土)に「第1回岐阜聖徳学園大学外国語学部杯 高校生英語レシテーションコンテスト」を開催する。「英語レシテーションコンテスト」は、英語スキルと学習意欲の向上を目的として、同大の学生を対象に毎年開催されており、このたびは取り組みについて多くの人々に理解してもらうため、「高校生の部」の開催となった。




「レシテーション」とは「暗唱」のこと。コンテストでは、英語の物語、スピーチ、映画のワンシーン、TED.comなどから2分程度の英文を暗唱し、発音の習熟度、抑揚やボディーランゲージがいかに効果的に活かされているかを競う。暗唱する課題は設定せず、キング牧師の演説やオバマ大統領の就任演説、映画「セント・オブ・ウーマン」のアル・パチーノの演説シーンなど、高校生自らが題材を見つけ挑戦する。
 英語の音声や映像を繰り返し聴いて練習し、発音やイントネーションを徹底して真似るため、スピーチが完成に近づくにつれて自身の発話もスムーズになり、英語特有の発音やイントネーションが身につく。コンテストの概要は下記の通り。

◆第1回 岐阜聖徳学園大学外国語学部杯 高校生英語レシテーションコンテスト
●日時 平成29年10月14日(土) 14:00〜16:00
●場所 岐阜聖徳学園大学羽島キャンパス 7108教室
 〒501-6194 岐阜市柳津町高桑西1-1
●プログラム予定
 14:00 開会のご挨拶
 14:10 レシテーション発表
 15:40 審査結果と授与式
 15:55 閉会のご挨拶
●審査基準
・Pronunciation 10点
 英語が正しく発音されているか。
  例:/f/や/l/など日本語にない音、リエゾンなど
・Emotion & Eyes 10点
 感情を込めて話しているか。下を向かずに、自然な目線で話しているか。
  例:ジェスチャー、イントネーション、リズム、声の強弱など・合計20点で競う。
※発表時間は2分程度、2分30秒を超えた場合は減点される。
●審査員英語ネイティブスピーカーの大学教員3名(予定)
●表彰
 iPad、iPadmini ほか(予定)
●2016岐阜聖徳学園大学外国語学部レシテーションコンテスト(大学生対象)の様子
  (リンク »)

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]