リモートワークに最適なUSB型シンクライアントの新製品「ゆびくらwith」を発表

株式会社ミントウェーブ 2017年10月11日

From 共同通信PRワイヤー

2017年10月11日

株式会社ミントウェーブ (リンク »)

リモートワークに最適なUSB型シンクライアントの新製品「ゆびくらwith」を発表

 株式会社ミントウェーブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:毛受重久、以下ミントウェーブ)は、従来より販売しておりますUSB型シンクライアントの新製品として「ゆびくら with」を10月より販売開始いたします。
【画像: (リンク ») 】

1.販売開始の背景
 ICT分野においてシンクライアントはスマートワークの課題解決に向けて非常に注目されており、いつでもどこでも仕事ができる環境作りに適しているシステムの切り札として導入が進んでおります。
 
 今回発表いたします新製品「ゆびくら with」は、従来のゆびくらではサポートできなかった64bitCPU搭載パソコンに使用できるようになり、自宅にある最新パソコンでもシンクライアント化して利用することができるようになります。

2.導入の効果
 これまで、リモートワーク用の端末を会社が用意するため、コストがかかることはもちろんその環境設定やトラブル時のサポートといった運用面でもコストがかかるのが課題でした。

 今回発表の「ゆびくら with」は、私有パソコンでもセキュアなリモートワーク端末として利用できる為、従来会社より支給していたパソコンの購入コスト削減と情報漏えいリスク低減が同時に実現できるようになりました。利用者はUSBキーをパソコンに挿すだけ(初回はBIOS/UEFIの設定が必要)を行うだけで簡単に導入・展開が可能となります。

3.「ゆびくら with」の製品特長
●利用可能PC
 ・64bitCPU搭載パソコンに対応 (※1)
 ・UEFI・セキュアブートに対応、通常のBIOSモードでの起動も可能
●セキュリティ
 ・ICカードや指紋(カスタマイズ)による二要素認証に対応
 ・USBキーは書き込み禁止設定となり、一切の改変をブロック
 ・設定情報、証明書をUSBキー内秘匿領域に格納、外部からの読み出しを禁止
 ・従来ゆびくら同様「ゼロコンフィグ」モードをサポートし、USBキー内に一切の情報
  を持たせない運用が可能
●弊社シンクライアント専用端末と同一のユーザインターフェイスを搭載し、直感的な
 操作が可能
●vpnc/PPTP/L2TP/OpenConnect 各種VPN接続に対応
●弊社管理ツールに対応し、統合的な管理が可能
●管理ツールからのファームウェアアップデートに対応、ご要望に応じて、ファーム
 ウェアアップデートと初期化に対応した専用「メンテナンスPC」を準備

4.販売目標
 リモートワークをご検討のユーザー様に向けて、初年度10,000本の出荷を見込んでおります。

USBシンクライアント「ゆびくら with」の主な機能
【画像: (リンク ») 】

※1:搭載メモリ容量は2GB以上必須となります。32bitCPUでは動作致しません。
※2:標準対応のVPNは、vpnc/PPTP/L2TP/OpenConnect です。これら以外のVPNは別途
   ご相談ください。
※3 :「ゆびくら with」ご購入のお客様にCDにて提供致します。

【株式会社ミントウェーブについて】
 株式会社ミントウェーブは、20年以上におよぶシンクライアントシステムの開発・構築・端末製造で培った高い技術と豊富な経験を活かし、高度なセキュリティ、運用管理コストの軽減、省エネルギーを実現するシンクライアントソリューションをお客様に最適な形で提供いたします。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。