武蔵大学が第53回土曜講座「ドキュメンタリーが映し出すもの ~発信・武蔵から世界へ~」を開催(武蔵大学同窓会・武蔵大学共催)

武蔵大学 2017年10月16日

From Digital PR Platform




武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、一般、同窓生を対象とした第53回土曜講座を11月11日(土)に開催する。参加は無料。講座は二部構成で、第一部は東日本大震災復興支援映画『MARCH』を上映し、第二部では映画『MARCH』プロデューサー・角田寛和氏(第34回武蔵大学経済学部卒)と永田浩三(武蔵大学社会学部教授)のトークセッションを行う。




◆第53回土曜講座概要
日時:2017年11月11日(土)14:00~16:00
テーマ:「ドキュメンタリーが映し出すもの ~発信・武蔵から世界へ~」
【第一部】東日本大震災復興支援映画『MARCH』上映 【第二部】トークセッション
会場:武蔵大学8702教室(8号館7階)
定員:100名(定員に達し次第締め切り)
申込締切:2017年11月1日(水)
受講料:無料(どなたでも受講可能)
注意事項:車、オートバイでのキャンパス入構は不可。公共交通機関などを利用のこと。

◆講座詳細
【第一部】14:10~15:00 東日本大震災復興支援映画『MARCH』*上映(上映時間 約36分)
福島第一原発から25.3km、南相馬市で活躍する小中学生のマーチングバンド。東日本大震災で活動を停止したメンバーの活動再開と、手を差し伸べる愛媛のサッカーチームのドキュメンタリー。

【第二部】15:10~16:00 角田寛和×永田浩三 トークセッション
●講師:角田 寛和(つのだ ひろかず)
 映画MARCHプロデューサー。サッカー日本代表の名物サポーター。第34回武蔵大学経済学部卒。
●講師:永田 浩三(ながた こうぞう)
 武蔵大学社会学部教授

*『MARCH』は、2017年2月、イギリスのロンドンで開催された「International Filmmaker Festival of World Cinema LONDON 2017」でBest Foreign Language Documentary(最優秀外国語ドキュメンタリー賞)を受賞。2017年5月には、フランスのニースにて開催された「2017 Nice International Filmmaker Festival」でBest Director of a Foreign Language Documentary(外国語ドキュメンタリー最優秀監督賞)を受賞

◆本講座内容へのお申し込み・お問い合わせ
  (リンク »)

▽武蔵大学公式Webサイト
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 武蔵大学 広報室 担当: 山野(やまの)・齋藤(さいとう)
 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
 TEL: 03-5984-3813
 FAX: 03-5984-3727
 E‐mail: pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。