約7割がアジャイル開発採用へ

株式会社トランスネット 2017年10月19日

Ruby開発に強いトランスネットは吉政忠志氏によるRails市場コラム「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」を公開しました。

###
先日、「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」というニュースが目に飛び込んできました。

ちなみに私はアジャイル開発信者ではないため、全てのシステム開発をアジャイル開発で行うべきとはおもっていません。適所適材で様々な開発手法で臨めばよいと思います。ただ、多くのシステム開発はアジャイル開発で対応できますし、そして、そのメリットは大きいと思います。

アジャイル開発のメリットを簡単に説明すると以下のような内容だと思います。

アジャイル開発のメリット 一例
・短納期で開発できる
・開発コストの適正化が期待できる
・プロジェクトの柔軟性の高さ(要件変更への対応の強さ)
・お客様要件から成果物のブレが少ない

このようにメリットがあるのは、アジャイル開発がお客様とコミュニケーション頻度を上げ、開発しながら確認していくスタイルだからです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]