2019年夏「ハレクラニ沖縄」誕生へ

三井不動産株式会社 2017年10月19日

From Digital PR Platform


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)は、今般、沖縄県国頭郡恩納村において推進中の「(仮称)沖縄伊武部ビーチホテルプロジェクト」の計画概要を決定し、HALEKULANI CORPORATION(※)(本社:米国ハワイ州 最高執行責任者(COO) Peter Shaindlin)と、2019年夏(予定)に「ハレクラニ沖縄」を開業することといたしましたので、お知らせいたします。


(リンク »)    (リンク »)

<本プロジェクトの特長>


ホスピタリティにおいて世界的に定評のある「Halekulani(ハレクラニ)」の日本初進出
沖縄本島の西海岸、国内屈指のビーチリゾートである恩納村に位置し、全長約1.7kmにわたる海岸線に面するビーチリゾートとして絶好のロケーション
360室全室オーシャンビューの客室と長期滞在可能な多彩な施設構成
ラグジュアリーホテルでのマネジメント経験豊富な吉江潤氏が初代総支配人に就任 


三井不動産は、2015年に公表したグループ中期経営計画「イノベーション2017 ステージII」において、ホテル・リゾート事業をあらたな成長分野のひとつと位置づけています。これまで自社ブランドの「三井ガーデンホテルズ」を国内で積極的に展開するとともに、都心部の複合開発においては、「マンダリンオリエンタル東京」、「ザ・リッツ・カールトン東京」などラグジュアリーホテルの開発、誘致にも取り組んでまいりました。リゾート分野では、2007年より「NEMU RESORT」、「鳥羽国際ホテル」、「はいむるぶし」にてリゾート事業を展開し、2016年3月には、「NEMU RESORT」内にAMANを誘致し、「AMANEMU(アマネム)」を開業。そして今般、ラグジュアリーホテルマーケットの大きな成長が期待できる沖縄において、自社ブランドでは国内初のラグジュアリーホテルとなる「ハレクラニ沖縄」の開業を決定いたしました。
今年は、ハレクラニがワイキキビーチにホテルとして開業してから100周年を迎えます。この節目の年に、ハレクラニと縁が深い日本、そして日本随一のオーシャンリゾートである沖縄に、2つ目となるハレクラニの開業を決定できたことは、次の100年に向けて動き出すエポックメイキングな出来事となります。
なお、「ハレクラニ沖縄」の初代総支配人には、ラグジュアリーホテルでのマネジメント経験が豊富な吉江潤氏を迎えることが決定しており、2019年の開業に向けて、沖縄本島西海岸で国内屈指のビーチに面した本計画地において「世界トップクラスのラグジュアリーリゾートホテル」を創造してまいりますので、ぜひご期待ください。
※ HALEKULANI CORPORATION(ハレクラニコーポレーション)は、三井不動産の
 100%子会社であり、「Halekulani(ハレクラニ)」を保有・運営しています。

(1)ハワイを代表するラグジュアリーホテル「Halekulani(ハレクラニ)」の日本初進出
 ハレクラニは、米国ハワイ州オアフ島のワイキキビーチに位置するラグジュアリーホテルであり、その歴史は、1917年にジュリエット・キンバルとクリフォード・キンバル夫妻が、当時、簡素な邸宅1軒とバンガローからなるホテルを買い取り、「ハレクラニ (『天国にふさわしい館』の意)」と名づけたことに遡ります。その後、幾度かの改修・拡張を経て、徐々に規模を拡大してまいりました。
 1981年には、三井不動産がこの伝統あるホテルを取得し、世界的なラグジュアリーホテルとして再開発を実施。ハワイらしい温かみのあるホスピタリティと伝統を守りつつ、世界に通用するホテルとして生まれ変わり、多くの方に愛されてきました。
 そして、ハレクラニ100周年の節目となる今年、縁が深い日本、そして国内随一のオーシャンリゾートである沖縄の地で、ハワイ・ハレクラニに続く「ハレクラニ沖縄」の開業を決定いたしました。当プロジェクトは、ハレクラニにとって、次の100年に向けて動き出すエポックメイキングな出来事となります。

(2)国内屈指のビーチリゾート沖縄・恩納村に位置し、全長約1.7kmにわたる
   海岸線に面する絶好のロケーション
 「ハレクラニ沖縄」は、沖縄本島の西海岸中央部、国内屈指のビーチリゾートである恩納村に位置し、全長約1.7kmにも渡る海岸線に面する、ビーチリゾートとして絶好のロケーションです。
 ホテル眼下に広がる白砂のビーチ、海に面した高台から望むサンセット、サンゴ礁と色とりどりの熱帯魚、季節の移ろいを映し出す植栽や花々など、沖縄の自然を満喫できるリゾートホテルとなり、さらには、沖縄海中国定公園の美しい海でのアクティビティ、神秘の森ヤンバルへのエクスカーションなど、ゲストを魅了する数多くのアトラクションもご用意します。

(3)360室全室オーシャンビューの客室と長期滞在可能な多彩な施設構成
敷地面積は約13ha。ビーチに面し南北に延びる恵まれた敷地を活かし、
360室全室がオーシャンビューの客室となります。
また、海を臨み、ハレクラニの象徴であるオーキッドを配したプール、
温泉を利用した新しいウェルネスプログラムが体験できるスパ、
日本発のユニークなダイニングエクスペリエンスが楽しめる4つのレストラン、
バーなど、多彩な施設をお楽しみいただけます。
オーキッドを配したプール

(4)ハレクラニで長年培ったホスピタリティと沖縄らしい“おもてなし”の融合によるホテルサービス
ホテルサービスは、日本人ならではの細やかなこだわりと心づかいにより、ハード、ソフトともに世界最高水準のクオリティを実現します。また、ハレクラニが100年の歴史の中で築いてきた独自のサービス理念を継承し、ゲストの期待を超える妥協のないサービスを提供するとともに、地域の魅力を生かした世界を代表するラグジュアリーリゾートを目指してまいります。

■今後のスケジュールと展望
沖縄は、拡大するインバウンド観光需要の中でも着実な成長が期待できる有望なマーケットです。2020年には那覇空港の拡張が予定されており、今後も国内のみならず、アジアをはじめとする外国人富裕層の増加が見込まれています。一方で、海外の主要マーケットと比較すると、ラグジュアリーホテルの供給が遅れており、成長余力が大きいと見込まれます。今後は、2019年夏の開業に向けて、沖縄の地でゲストに「天国にふさわしい館」を感じていただけるよう、世界トップクラスのラグジュアリーリゾートホテル目指してまいります。

■ハレクラニコーポレーションCOO Peter Shaindlin(ピーター・シェインドリン)のコメント
「沖縄伊武部の計画地に降り立ち、ラベンダー色に染まった水平線を見た瞬間、私は探し続けていた第二のハレクラニをこの地でオープンすることの宿命を感じました。『ハレクラニ沖縄』はハワイで100年前から引き継がれているハレクラニレガシーの進化の結晶となることを確信しています。2019年、この新しいホテルがオープンすることで、次の時代へ続くハレクラニレガシーの新たな歴史の扉を開くことができて、大変嬉しく思っています。」
COO Peter Shaindlin


■「ハレクラニ沖縄」初代総支配人 吉江潤(よしえ じゅん)のコメント
「三井不動産が国内で初めて手がける直営のラグジュアリーリゾートホテルを自ら所有するハワイの伝説的なホテル、ハレクラニとしてオープンするにあたり、初代の総支配人として関わることは大変光栄であり、心から誇りに思います。世界でも有数の美しさを誇る沖縄の本島西海岸のビーチにハレクラニという新たな魅力が加わり、このエリアが世界的に注目されるリゾートとして成長を遂げることに携われることに心躍る気持ちです。これまで様々なブランドで学んできた私の経験をもとに、スタッフ一人一人が最大限の誇りをもてるホテルをつくって参ります。」

■計画概要
ホテル名称ハレクラニ沖縄
所在地沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真下袋原1967番1外(地番)
計画地敷地面積87,145.70m2(26,361.57坪)  
交通(アクセス)那覇空港より車で約75分
延床面積41,746.92m2(12,628.44坪)
構造・規模鉄筋コンクリート造・地上10階他
着工2017年5月
開業2019年夏(予定)
設計株式会社日建設計
施工前田・國場 建設工事共同企業体
客室数360室
付帯施設レストラン、バー、屋内外プール、スパ、フィットネスジム等




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井不動産株式会社の関連情報

三井不動産株式会社

三井不動産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。