「ベルサイユのばら デジタルリマスター版」Blu-ray&DVD 2018/1/6にリリース決定!

株式会社ハピネット 2017年10月20日

From 共同通信PRワイヤー

2017年10月20日

ハピネット ピクチャーズユニット

池田理代子原作『ベルサイユのばら』実写映画!
日本映画史に残る幻の超大作がファン待望のデジタルリマスター化!
「ベルサイユのばら デジタルリマスター版」Blu-ray&DVDが2018/1/6に発売!


【画像: (リンク ») 】


1979年公開のジャック・ドゥミ監督作品『ベルサイユのばら』のBlu-ray&DVD が2018年1月6日にリリースすることが決定した。

1972年より『週刊マーガレット』に連載された池田理代子原作『ベルサイユのばら』。原作コミックスはTVアニメ化や宝塚歌劇団による舞台化もされ、今なお根強い人気を誇っている。実写映画化にあたっては当時、プロデューサー山本又一朗が資生堂、日本テレビ、東宝の3社から10億円の資金を調達。監督に『シェルブールの雨傘』のジャック・ドゥミ、音楽にミシェル・ルグラン、オスカル役に400人ものオーディションから選ばれたカトリオーナ・マッコールと、すべて外国人スタッフ・キャストを起用し、オールフランスロケという日本映画史において革新的なスタイルで製作された超大作。プロデューサーの熱意がフランス政府を動かし、特別に許可されたベルサイユ宮殿での撮影により、作品に豪華さと重厚感をもたらしている。さらに、原作の数々の名場面を見事に再現している点も見どころのひとつ。

この伝説的な作品を、オリジナルネガフィルムを6Kスキャニングし、2Kでデジタル修復した美しい新マスター版で待望の初Blu-ray化。日本語吹替えはパッケージ初収録で、日本テレビ「水曜ロードショー」1980年10月8日放送時のものを収録(オスカル:汀夏子、アンドレ:堀 勝之祐)。映像特典には、2017年7月23日にパリにて実施された、オスカル役:カトリオーナ・マッコールのインタビューを収録する。

【ストーリー】
18世紀パリ。貴族令嬢でありながら将軍の父の以降で軍人として育てられたオスカルは、王妃マリー・アントワネットの近衛隊に配属され、王妃の愛人に初めての恋をする。一方、オスカルと兄弟同然に育った乳母の孫アンドレは、オスカルへの身分違いの恋心に苦しみながら、オスカルに民衆の貧しい生活を伝え、革命運動に参加するように求める…。

【画像: (リンク ») 】

【商品情報】
『ベルサイユのばら デジタルリマスター版』
2018年1月6日(土) ブルーレイ&DVD発売、2018年5月2日(水)DVDレンタル開始
Blu-ray:BIXF-0254 \5,800(税抜)
DVD:BIBE-3226 \4,800(税抜)

【映像特典】
カトリオーナ・マッコール インタビュー(2017年7月23日パリにて収録)(約21分)

発売元:株式会社ハピネット 販売元:株式会社ハピネット
(C) 1979 池田理代子/フィルムリンク・インターナショナル




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]