クリエイターの作業を革新する最新型入力デバイス 「O2」 販売開始

株式会社BRAIN MAGIC 2017年10月25日

From PR TIMES

クリエイターのために開発されたハイエンドデバイス。クリエイティブ作業を効率化する。

株式会社BRAIN MAGIC(代表取締役:神成大樹、本社:東京都千代田区、以下「BRAIN MAGIC」)は、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、「O2」(オーツー)を本日10月25日より販売開始しました。
クラウドファンディングページ: (リンク »)



■プロジェクトについて
「O2」は、従来クリエイターがキーボードのショートカットキーやUIで行なっていた煩わしい操作を最適化し、作業を加速してくれる未来の最新型入力デバイスです。
[画像1: (リンク ») ]

これまでクリエイターは、作業によって1時間に1000回以上のショートカットキー入力を行っていました。

従来、ショートカットキーや UIで行なっていた煩わしい操作を、マウスやペンタブレットとO2のみで作業効率化へ。
[画像2: (リンク ») ]


また、従来イラストレーターや動画クリエイターが使用していたソフトにほぼ対応。
[画像3: (リンク ») ]



「O2」を提供することで、「キーボード」のいらない世界がより近くなります。

「Creating Re-Creation」、創造性の再構築をミッションに掲げ、2年にも及ぶ試作とフィールドテストを重ね、7世代20種以上のプロトタイプの制作を行いました。

今回のクラウドファンディング「Makuake」で販売開始を行い、
クリエイター向け製品として更なる完成度を高めていきます。
(リンク »)

■「O2」と他社類似製品との差別化
・ショートカットキーを割り当てられる機能数が圧倒的な多さ。(最大256種類)
・ジョイスティック機能やマウス操作を可能に。
・手の負担を軽減するエルゴノミクス設計。
[画像4: (リンク ») ]

・マクロ機能により一連の流れ作業を自動化。
・クリエイターによって機能割り当てがカスタマイズ可能。
・Photoshopのブラシの濃度やレイヤーの不透明度の調整を可能に。
[画像5: (リンク ») ]



■機能説明
・オービタルエンジンは「倒す・回す・押す」という3つの動作で、キーボードのショートカットやUIなどで行っていた操作をより直感的に実現。
[動画1: (リンク ») ]



・8つのスイッチをが搭載されたフラットリングは、スイッチ1つに「ブラシ」「鉛筆」「消しゴム」など複数のツールを登録できる。
[動画2: (リンク ») ]



■今後他分野での展開
Makuakeにて購入頂いた皆様と一緒に「O2」開発に更なるアップデートをかけ、
あらゆる分野で使えるようなデバイス開発へ繋げたいと思っております。
[画像6: (リンク ») ]


■株式会社BRAIN MAGIC
[画像7: (リンク ») ]

BRAIN MAGICは「Creating Re-Creation」(創造性の再構築)をミッションに掲げ、
テクノロジーの力で世界のクリエイティブを加速させることを目指すHard Tech Startupです。

現在はファーストプロダクトとなる、クリエイターの作業環境を革新する最新型入力デバイスの開発を行なっている他、AIを活用したクリエイターの作業分析を行うソリューションも準備中です。

Facebookページ: (リンク »)
※弊社最新情報は上記URLよりご確認下さい。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社BRAIN MAGIC 広報担当:甲斐
メールアドレス:nkai@brainmagic.tokyo

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。