国際高専 第3回トークセッション 「グローバルリーダーとは」~世界を舞台に活躍する人材の育成~ 10月28日(土)金沢工業大学東京虎ノ門キャンパスにて開催

大学プレスセンター 2017年10月31日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



2018年、国際高専始動 文化や専門分野が異なる人々と協働して新たな価値を創造する力を養う
国際高専 第3回トークセッション開催
「グローバルリーダーとは」 ~世界を舞台に活躍する人材の育成~
2017年10月28日(土) 14時~16時30分 金沢工業大学東京虎ノ門キャンパス






金沢工業高等専門学校(校長 ルイス・バークスデール)では、「グローバルリーダーとは~世界を舞台に活躍する人材の育成~」をテーマとした「国際高専 第3回トークセッション」を2017年10月28日(土)14時から16時30分まで、金沢工業大学東京虎ノ門キャンパス(東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル13階)で開催する。

 国際高専では、予測困難な時代を牽引する「グローバルリーダー」を育成するために、既存の枠組みを超えた革新的な教育を実践する。
 今回のトークセッションでは、社会インフラを中心とした国際的なビッグプロジェクトに従事するなかで「グローバルリーダー」の重要性を感じ続けてきたJICA・独立行政法人国際協力機構 資金協力業務部参事役の小泉幸弘氏と、「グローバルイノベーターの育成」を教育目標とする本校校長が、国際社会で活躍する人材を育てるための教育について語る。

 グローバル社会を牽引する人材を育てるために2018年から国際高専では社会、国語以外の多くの科目を英語で学ぶ。その為、英語の教員だけでなく物理、数学や専門科目を教える外国人教員が教員全体の3分の1を占め、出身地もアメリカ、イギリス、カナダだけでなくマレーシア、台湾、エジプト、イラクなど多彩。
 さらに国際高専3年次は、全員が提携校のニュージーランド国立オタゴポリテクニクへ留学し世界各国から集まった学生たちと学び、現地企業でのインターンシップやプロジェクトに取り組む。

 また、東南アジアを中心にさまざまな国々の学生たちとイノベーションプロジェクトに取り組む「ラーニングエクスプレス」など多彩なグローバルプログラムが準備されている。

 当日は、予測困難な時代、多様性が求められるこれからの時代を牽引していける人材を育成する国際高専の教育を説明する。

国際高専 第3回 トークセッション 「グローバルリーダーとは」
  (リンク »)

日時:平成29年10月28日(土) 時間:午後2時~4時30分
会場:金沢工業大学東京虎ノ門キャンパス (東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル13階)
入場料:無料
・講演: 国際高専のグローバル教育 金沢高専 津田明洋講師
・対談: パネルディスカッション:10年後の社会が求める人材とは 小泉 幸弘氏×ルイス・バークスデール校長×向井 守副校長


▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業高等専門学校
山岸徹
住所:石川県金沢市久安2-270
TEL:076-248-9840
FAX:076-248-5548
メール:nyusi@kanazawa-tc.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]