実験とデータに基づくSEO商品「SEO Manager」、機能強化! ~コンテンツ分析が可能になる~

株式会社ディーボ 2017年11月01日

From DreamNews

SEO対策サービスの開発・販売を行っている株式会社ディーボ(札幌市、代表取締役社長:藤沢 竜志、以下:ディーボ)は、2017年11月1日に、実験とデータに基づくSEO商品「SEO Manager」のSEO分析ツールにコンテンツ分析ツールを追加しました。

SEO Managerは、サイトの主要キーワード1つを上位化するためにSEO分析ツールを用いて蓄積したデータを元に具体的なSEO改善策をアドバイスするSEO対策商品です。( (リンク ») )

しかし、サイト管理者の中には、サイトの主要キーワード1つだけではなく、多数のサブキーワードでも順位上昇を希望するケースがあります。

今回、多数のサブキーワードで効率的に順位上昇させることを支援するため、サブキーワードで必要なコンテンツ内容を分析するコンテンツ分析ツールをSEO Managerに追加しました。

現在評価されるコンテンツは、検索ユーザーのニーズに合わせた内容を記載する必要があます。

サイトオーナーが考える検索ユーザーのニーズと、実際の検索ユーザーのニーズが乖離しないコンテンツを作成することが、検索順位の上位表示されるためのポイントともなります。

今回SEO Managerに追加したコンテンツ分析ツールを利用することで、上位表示させたいキーワードを入力し、クリックするだけで、検索ユーザーのニーズ(必要なコンテンツの内容)を確認することができます。

また、検索ユーザーが重要としているキーワード、タイトルや見出しに含めるべきキーワード、必要な文字数の目安などが確認できます。

サブキーワードで検索ユーザーのニーズに沿ったコンテンツを保有することは、主要キーワードの順位向上にも貢献します。

SEO Managerは、今後もSEO実験を多数実施し、最新のSEO傾向に合わせたSEO商品の提供ができるよう努めて参ります。

ご自身でSEO対策を行っても成果が出ていないサイトや、どうしても上位表示させたいサイトを持ちのサイト管理者様は、一度お問合せください。


●SEO Manager
SEO分析ツールと具体的なSEO改善策をアドバイスするサポートがセットになった、上位表示を目指すSEO対策商品です。

付属のSEO分析ツール(概要)
・パソコン、スマートフォンの順位変動状況、および上位サイトの推移を確認
・契約キーワードの順位変動幅を取得
・スマートフォンサイトのUI比較機能
SEO Manager: (リンク »)


■お問い合わせ先と会社概要
●お問い合わせ先
support@devo.jp

●会社概要
会社名 株式会社ディーボ
本社 札幌市北区北7条西4丁目17-1 竹山ホワイトビル 8F
代表者 代表取締役社長 藤沢 竜志(ふじさわ たつし)
設立 2005年6月
資本金 2000万円
主要取引先 グーグル株式会社、ヤフー株式会社、GMOクラウド株式会社ほか
事業内容 SEO対策サービスの開発と販売

●コーポレートサイト
(リンク »)
○SEOサービスサイト
・ 月額固定7,980円(税込)の低価格SEO 「SEO Pack」 : (リンク »)
・ 1位を目指すSEO対策 「テキスト広告JP」 : (リンク »)
○SEO有料ツールサイト
・ 完全自動の順位チェックツール 「BULL」 : (リンク »)
・ SEO提案資料作成ツール 「SEO Planner」 : (リンク »)
・ SEO診断ツール 「itomakihitode.jp」 : (リンク »)
○SEO情報サイト
・ SEOの研究成果と最新情報 「SEO Packブログ」 : (リンク »)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ディーボの関連情報

株式会社ディーボ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。