日本初!入学金・授業料のクレジットカード決済が可能に推薦入試、一般入試など全入試で利用可能に

近畿大学 2017年11月01日

From Digital PR Platform




近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成30年度(2018年度)入学試験の合格者に対して、日本の大学で初めて入学時の入学金・授業料等の支払いにクレジットカード決済ができるサービスを提供します。
昨年度の入学試験において、後期入試のみで試験的に導入したところ、24時間いつでもネット上で入学手続が完了する利便性が受験生・保護者から好評を得たため、平成30年度(2018年度)入試から本格導入します。





【本件のポイント】
● 昨年度は試験的に導入したクレジットカード決済を全入試に拡大し、本格的に導入
● 出願から入学まで、全てネット上の手続とクレジットカードで完結できる

【本件の概要】
 近畿大学は、平成26年度(2014年度)入試において、日本の大学で初めて紙の願書を廃止し、インターネット出願に一本化しました(近大エコ出願)。その後もAmazonでの教科書販売、保護者用ポータルサイトの開設、Visaプリペイド機能付き学生証の発行、スマートフォン用学生ポータルアプリの提供など、他大学に先駆けたサービスを提供し、受験生や学生の利便性を高めてきました。
 平成29年(2017年)11月1日(水)から、近畿大学の推薦入試(一般公募)の出願が開始となります。近大エコ出願は今年もさらに進化し、日本の大学で初めて、編入学試験を除く全入試において、入学金・授業料等の支払いにクレジットカード決済を導入します。
 従来の銀行振込も引き続き利用できますが、クレジットカード決済を導入することで、入学手続と入学金・授業料等の支払いがすべてネット上で完了し、銀行窓口の営業時間に縛られることなく、24時間、土日も自宅で手続が可能になります。また、銀行振込では一括支払のみですが、クレジットカードの機能を利用して、分割での支払いを選択することもできます。
 昨年度は後期入試で試験的に導入したところ、利用率は8.3%でした。今年度は対象入試を拡大することで、多くの受験生・保護者の利便性を高めます。

【近大エコ出願】
 平成25年度(2013年度)入試から、紙の願書の廃止を視野において、地球環境に優しく(エコロジー)、受験料の割引で受験生の経済的な負担も減らす(エコノミー)インターネット出願「近大エコ出願」を開始しました。翌年には日本の大学では初めて紙の願書を廃止して、出願をインターネットに一本化することを宣言しました。また、出願だけでなく入学手続きもインターネット化し、簡易書留による郵送等の負担をなくして、合格者用の特設サイトから簡単に手続きすることが可能になりました。
 平成30年度(2018年度)入試からは、神戸大学、熊本大学などの国公立大学もネット出願一本化の動きがあり、本学以降、他大学でも急速にインターネット出願が拡大しています。

【Amazonでの教科書販売】
 平成26年(2014年)9月に、日本の大学で初めてアマゾン ジャパン株式会社と「教育、研究、学生サービス充実を図るための連携協定」を締結し、総合オンラインストアAmazon.co.jpでの教科書販売を開始しました。それまでは、教科書販売の時期には学内の書店が大変混雑し、重い教科書を持ち帰らなければならないなど、学生の大きな負担となっていました。連携協定によって、学生は購入先の選択肢が増え、買った教科書をコンビニや宅配で受け取ることも可能になりました。

【保護者用ポータルサイト】
 平成27年(2015年)9月から、保護者向けの新サービスとして「保護者用ポータルサイト」を開設しました。このサイトでは、保護者がパソコンやスマートフォン等でリアルタイムに学生の授業の出欠状況や時間割表、成績などを把握することができます。特に、下宿生を持つ遠方の保護者から学生生活に関する問い合わせが多く、また授業の欠席が続くと留年や退学に繋がるケースがあることから、大学と保護者が協力して学生をサポートするためにこのサービスを開始しました。

【コンビニで卒業証明書発行】
 平成28年(2016年)4月1日から、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)の証明書発行サービスを利用して、近畿大学の在学生・卒業生に対し、全国のコンビニエンスストアで卒業証明書等の各種証明書を発行するサービスを日本の大学で初めて導入しました。
 成績証明書や卒業証明書は主に就職活動や転職活動などで必要になりますが、従来の郵送だと発行までに一週間程度かかっていました。本サービスを利用すれば、オンラインで申請して全国の身近なコンビニエンスストアに設置されたマルチコピー機で発行できるため、最短で即日発行が可能です。

【Visaプリペイド機能付き学生証発行】
 三井住友カードと提携し、Visaプリペイド機能を付帯した学生証を平成28年(2016年)4月に開設された国際学部の新入生を対象に、日本の大学で初めて導入・発行しました。学生だけでなく、保護者も専用サイトから残高をチャージすることができ、学内売店や留学先での生活費の支払いなどに利用できます。
 平成29年(2017年)4月からは全学部の新入生を対象に発行しています。Amazonでの教科書購入といった本学の先進的な学生サービスをより有効に活用できるようになります。


▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]